❒聖教新聞:2015.06.27…より転載!

山本伸一は、梅園(ばいえん)新村(しんそん)記念館を見学しながら、妻の峯子(みねこ)に言った。

 

 「中国の改革のために奔走された周(しゅう)総理と鄧穎超(とうえいちょう)先生が、一緒に過ごされた時間は、世間一般の夫婦と比べれば、決して長くはなかったはずだ。しかし、互いに、深い愛情と尊敬、信頼で結ばれていたといわれている。それは、お二人が”夫婦”というだけでなく、”同志”の絆に結ばれていたからだろうね」

 

 ”夫婦”も、相手を見つめ合うだけの関係であれば、その世界は狭く、互いの向上も、前進も乏しい。しかし、二人が共通の理想、目的をもち、共に同じ方向を向いて進んでいく”同志”の関係にあるならば、切磋琢磨(せっさたくま)し、励まし合いながら、向上、前進していくことができる。

 

 夫婦愛、そして同志愛に結ばれた夫婦の絆ほど、強く、美しいものはない。

 

 周恩来(しゅうおんらい)・鄧穎超(とうえいちょう)夫妻の間には、「八互原則(はちごげんそく)」があったという。

 

一、互愛(ごあい)(互いに愛し合う)

二、互敬(ごけい)(互いに尊敬し合う)

三、互勉(ごべん)(互いに励まし合う)

四、互慰(ごい)(互いに慰め合う)

五、互譲(ごじょう)(互いに譲り合う)

六、互諒(ごりょう)(互いに諒解し合う)

七、互助(ごじょ)(互いに助け合う)

八、互学(ごがく)(互いに学び合う)

  夫妻は、常に、この精神に立ち返って、愛と信頼の絆を、より強く結び合いながら、新中国の建設をめざしてきたのであろう。

 峯子は、伸一を見て言った。

  「鄧穎超(とうえいちょう)先生にお会いしたら、お伺いしたいことが、たくさんありますね」

 伸一も、笑顔で、大きく頷いた。

  続いて訪中団一行が訪れたのは、南京東部郊外の紫金山(しきんざん)であった。ここは、孫文(そんぶん)の墓所「中山陵(ちゅうざんりょう)」があることで有名だが、まず伸一たちが訪れたのは、中日友好協会の廖承志(りょうしょうし)会長の両親であり、孫文(そんぶん)や周恩来(しゅうおんらい)らと共に新しい中国の建設のために戦った、廖仲愷(りょうちゅうがい)・何香凝(かこうぎょう)夫妻の墓所「廖陵」(りょうりょう)であった。

5607_1

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp