◇公明新聞:2015年5月22日(金)付…より転載!

 公明党本部の玄関前には、今も「統一地方選挙対策本部」と書かれた大きな看板が掛けられている。統一選は先月26日で終了した。しかし、かつて統一選として行われていた自治体の選挙が、まだ終わっていないからだ◆東日本大震災を受け、被災地を対象にした地方選の延期を可能にする特例法が、2011年3月18日に成立。本来は統一選として実施されるはずだった被災3県(岩手、宮城、福島)などの首長選や議会選が、その年の夏以降に行われた◆4年前に延期実施された自治体のうち、公明党は今回、3県議選や仙台市議選などに候補者を擁立する。選挙日程は7月から11月にかけてさまざま。その選挙を勝ち越えて“公明党としての統一選”は終了する。党本部玄関前の看板もお役ご免となる◆被災3県のほかにも、統一外の地方選挙が今後も全国各地で順次行われる。選挙戦に挑む以上は、公明党の候補者こそ「地方創生」の担い手にふさわしいことをアピールし、全ての選挙で勝利を期したい◆先の統一選では、わずかな票差が当落を分けるケースが相次いだ。また、17日の大阪市の住民投票や7日の英下院選挙では、事前の世論調査と開票結果との違いが注目を集めた。情勢報道に左右されず、最後まで執念の拡大に徹し抜くことを、あらためて肝に銘じたい。(幸)

yjimage

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp