Archive for 2014年 11月

◇衆議院解散を受けての街頭演説です(^_^)v

http://www.ustream.tv/recorded/55668361 全国遊説映像!

11.21街頭第1声

11.21街頭第一声②

11月21日(金) 毎日新聞…転載!

 ◇衆院は21日午後1時からの本会議で解散された。衆院選は「12月2日公示-14日投開票」の日程で行われる。衆院解散は2012年11月16日に民主党政権の野田佳彦首相(当時)が行って以来2年ぶり。安倍晋三首相は、今年4月の消費税率8%への引き上げ以降、経済が低迷していることを受け、来年10月予定の10%への引き上げを1年半先送りすることを決めた。衆院選では、政権の経済政策「アベノミクス」継続の是非のほか、集団的自衛権の行使容認などが大きな争点となる。

11.21衆院解散

11.21衆院解散 ②

11.21安倍首相会見

♬11月定例会を開催します!(^^)!

 

  • 常任委員会は、総務企画・環境福祉・文教経済・建設水道の4委員会があり、1日に2委員会開催します。
  • 本会議と委員会、分科会は傍聴することができます。
  • 定例会の本会議の模様は、ケーブルTV・松阪市行政チャンネル(デジタル123ch、アナログ6ch)で、生中継と録画放送及びユーストリームによるインターネット生中継をご覧いただけますので、ご視聴ください。

※都合により日程や開始時間等を変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください_(._.)_

※お問合せ先 議会事務局(電話0598-53-4434)

平成26年11月第5回定例会予定表

◇第4回議会報告会を終了しました_(._.)_

 

飯南町有間野集会所にて開催させていただきました。

茶業を中心とした農業問題、獣害対策、防災対策について

今後の課題、ご意見をいただき、ありがとうございました。

※次回は平成27年2月定例会終了後に開催する予定です<m(__)m>

 

11.20議会報告会②

11.20議会報告会③

11.20議会報告会

11.20議会報告会11.20議会報告会②

◇11月18日(火)昨夜、安倍首相が、

21日(金)に“衆議院解散”を表明!

 

経済政策「アベノミクス」の継続の是非が争点!

自公の政権運営に対する審判が問われます!

 

「次の50年」へ新たな目標達成に向け、

「現場第一主義」で挑戦して参ります_(._.)_

11.19挨拶

11.19挨拶②

写真で読む公明党50年_ページ_03

写真で読む公明党50年_ページ_25

◇松阪市議会では、今年の4月に続き、全議員28名が4班に分かれて、

3日間、全12開場で実施させていただくものです(^_-)-☆

 

9月定例会での審議内容などについての活動報告と

市議会や市政に関しまして意見交換を行わせていただく予定です(._.)

議会に対する貴重なご意見を伺う機会にしたいと考えております<m(__)m>

最後の明後日11月20日(木)は、

①班―有野集会所

②小野江コミュニティセンター

③漕代地区市民センター

④飯高総合開発センター

の4ヶ所です、是非お越しください_(._.)_

議会報告会ポスター

【最新版】議会報告会_ページ_01豊地農構センター

議会報告会会場案内

 

 

 

 

◇11月17日に結党50年を迎えた公明党は、

昨夜「感謝の集い」を都内のホテルにて開催しました!

 

党創立者とともに、

「大衆とともに」「ネットワーク」、

この二つの財産を生かして、

次の50年へ新たな出発をして参ります_(._.)_

11.18挨拶

 

写真で読む公明党50年_ページ_06

写真で読む公明党50年_ページ_26

 

写真で読む公明党の50年

 

◇桑名市議会議員選挙&明和町議会議員選挙 当選御礼_(._.)_

【明和町】

北岡やすし   1位 1,095票(前回比-72票)、

 【桑名市】

 畑のりこ 1位 2,960票、

竹石まさのり 10位 2,145票、

合計 5,105票(前回比+83票)

「結党50周年」を飾る、大勝利となりました(^_^)v

「北岡 やすし」候補、

「竹石 まさのり」候補、

「畑 のり子」候補をご支援いただいた皆さま、

本当にありがとうございました_(._.)_

※11.17結党50年の本日、百五銀行久保学園前支店前にて

挨拶運動させていただきました(^_-)-☆

2014.11.16 聖教新聞 社説より…転載!

 アフリカ・リベリアで内戦が勃発した1989年。17歳の少女だったリーマ・ボウイー氏(ノーベル平和賞受賞者)は、「赤いTシャツ」を着ていた少年が兵士に銃殺される場面を目撃した。反政府勢力の制服は「赤」だ――そんな噂があったことが、殺害の理由だった。

 14年に及ぶ泥沼の内戦。27万人が犠牲になった。「平和が欲しい。戦争はいらない」――ボウイー氏が進めた女性による非暴力平和運動の訴えはシンプルであり、なおかつ力強かった。

 〝弾丸が相手を選びますか。弾丸はキリスト教徒とイスラム教徒を区別しない〟。このスローガンのもと、宗教の枠を超えた連帯が構築された。

 やがて平和の象徴である白い服を着た数千人の女性たちが、大統領官邸の敷地を埋め尽くした。そして、女性たちの叫びは、停戦合意への原動力となっていった(『祈りよ力となれ』英治出版)。

 きょう16日は、「国際寛容デー」である。「寛容は平和と和解にとって最強の基盤」であると、国連の潘基文事務総長は指摘する。「赤いTシャツ」を着ていたから、キリスト教徒だから、イスラム教徒だから――。こうした「レッテル貼り」による憎悪の連鎖を断ち切る力が、寛容の精神にはある。

 日本においては「ヘイトスピーチ」(差別扇動表現)など、排外主義運動の先鋭化が懸念されている。街宣活動やデモの最中に「△△人は叩き出せ」等と、特定の人種や国籍、宗教に対して攻撃を浴びせる。対立を生み出すだけの不毛な、許されざる愚行であろう。

 誤解されがちであるが、寛容とは、悪の蔓延を許し、放置してもよいという意味では決してない。池田名誉会長は、かつてこう語っている。

 「権力の悪に対して『寛容』であってはならない。どこまでも『人間』と『民衆』の側に立って、徹底的に非暴力で戦う、対話で『善』を拡大する――そのダイナミックな『すべての人々への開かれたかかわり』の姿勢こそ『寛容』なのです」

 人間、一人一人に違いがあることは当然である。違いがあるからこそその差異を互いに認め合い、理解を深めるために「対話」をするのだ。

 仏典に説かれる不軽菩薩は、石を投げられながらも相手を尊敬し続けた。寛容の精神を体現するには勇気が必要である。今こそ「勇気の対話」を広げながら、寛容の精神あふれる世界を共々に築いていきたい。

【概  要】

◆松阪市における「ごみ処理一元化」とは、現在、地域によって異なるごみ処理方式を市内全域で同じ処理方式に統一することです。

現在、本庁、嬉野、三雲、飯南、飯高管内におけるごみ処理は、平成17年1月以降も合併以前の処理方法が継続されています。特に嬉野、三雲管内は燃えるごみの処理を津市に委託、飯南、飯高管内は、松阪市と3町(多気町、大台町、大紀町)で構成する香肌奥伊勢資源化広域連合で全てのごみが処理されています。

平成27年4月の供用開始を目指して建設を進めています新ごみ処理施設「松阪市クリーンセンター」が完成すると市内全域の燃えるごみ、燃えないごみを処理することができるようになります。

また、ごみの分別方法についても「松阪市クリーンセンター」の完成に合わせて、松阪市リサイクルセンターや松阪市一般廃棄物最終処分場など各施設の処理目的に応じた分別区分になるよう現状の分別区分も見直し、今回の一元化の中で市域全体の統一を図っていきます。

このページに関するお問合せ

◇環境生活部 清掃事業課電話:0598-53-4470

【今後のスケジュール】

 
平成26年11月10日~ ごみ処理申込書案内チラシを第二清掃工場窓口で配布します。                (本庁、各振興局(嬉野、三雲管内のみ)、各地区市民センター、隣保館、松阪公民館、松阪市リサイクルセンター、三雲リサイクルセンターにもチラシを常備します。
平成26年12月 ごみ処理申込書案内チラシ、小型家電の案内チラシを各戸配布します。(本庁、嬉野、三雲管内のみ)
平成27年1月10日~平成27年1月11日 第二清掃工場から松阪市クリーンセンターへ業務移行します。
平成27年1月12日 松阪市クリーンセンターで燃えるごみの受け入れを開始予定です。(一部稼動開始 ※本庁、嬉野、三雲管内のみ。嬉野、三雲管内については皮・ゴム類と粗大可燃物のみ。) 
平成27年3月 ごみ分別ガイドブック、ごみ収集カレンダーを配布します。
平成27年3月 松阪市クリーンセンター竣工。
平成27年4月 ごみ処理の一元化を実施します。

 

 このページに関するお問い合わせ

松阪市環境生活部 清掃事業課 電話0598-53-4470

松阪市環境生活部 清掃施設課 電話0598-36-0975

 

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp