Archive for 2014年 10月 19日

♫松阪支部青年局の辻本、青木両局員と共に街頭宣伝活動をさせていただきました(^_^)v

①公明党青年委員会の取り組み

②9/21公明党全国大会を受け「次の50年」へ新たな飛躍を目指す公明党

の紹介をさせていただきました(*^^*)

青年局のお二人に感謝…ありがとうございました_(._.)_

※道の駅・飯高駅にてお昼休憩でした(^_^)v

 

聖教新聞「名字の言」10月17日号より…転載!

 ノーベル物理学賞に選ばれた中村修二教授は、大学では工学部に進んだ。物理を学びたかった気持ちもあり、工学への関心は薄かった。だが、興味深い大学の講義に心を動かされ、電子工学の道で、「もの作り」の醍醐味を体得していった▼その後、地方の化学薬品メーカーに入社し、開発課に配属。だが十分なスタッフや予算が付かない。ならば、と実験装置まで自らの手で作り、ついに青色発光ダイオードを開発した。当時、苦労続きの氏を支えたのは、価値あるものを創造することが人間たる証しという信念だった▼先日、創価大学の講義「トップが語る現代経営」に、河北新報社の一力雅彦社長が登壇した。同社は「東北振興」を社是に掲げ、創刊117周年を刻んだ東北地域の新聞社。東日本大震災では甚大な被害を受けた▼講義で社長は力説した。「非常時の今、正確な情報を読者に届けずして、何のために100年以上も発行してきたのか」。東北復興の一翼を担う深い決意がこもっていた▼創大構内に立つブロンズ像の台座には、創立者・池田名誉会長の指針が刻まれている。「労苦と使命の中にのみ 人生の価値は生まれる」。苦難の中で燃やす使命の炎が人間を鍛え、価値を創造する。時代を超えた普遍の真理である。(城)

 

公明党広報
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp