カテゴリー(ⅹ 防災・安全)

市民の方々からいただいた地域課題への対応について、現地を確認に行きました。

○ 【県道190号線】市坪南1丁目6-22宅地入口にカーブミラーを設置

【県道190号線】市坪南1丁目6-22宅地入口にカーブミラーを設置

【県道190号線 久米垣生線】の市坪南1丁目6-22宅地入口付近は車両などの通行量が多く、速度も速い。以前は県道を挟んだ電柱にカーブミラーが設置されていたが現在は撤去され、代わりに開発業者が宅地入口にミラーを設置したが確認が難しく、県道の往来と宅地の出入りで接触する危険性が極めて高い。宅地は近年児童らも増えており、そのため、カーブミラーの復旧などの安全対策を講じていただきたい。

令和2年7月に住民の方からご要望がありました。

よしとみは早速相談者立ち合いで現地を確認し、松山市道路管理課に対応を要請。

以前ミラーを設置していた電柱の地権者の方の同意も得られ、カーブミラーが設置されました。

 

○ モリヤス自動車前農道水路の法面を修復

モリヤス自動車前農道水路の法面を修復

モリヤス自動車(今在家4丁目1-47)前の農道は水路側が崩れてきており、特に近年は豪雨・洪水による崩落が心配される。そのため、法面の修復をしてほしい。

平成30年2月、ご要望を伺ったよしとみは早速河川水路課に対応を要請。

管轄する農林土木課が土地改良区同伴で現地で立ち会いをすることになりました。

そして、このほどようやく、法面の修復工事が完了しました。

 

○ 【素鵞25号線】【同91号線】十字路に路面標示

【素鵞25号線】【同91号線】十字路に路面標示

【市道素鵞25号線】【同91号線】十字路は抜け道として通行量が多いが、狭隘な上、見晴らしが悪く、最近でも人身事故が数回発生している。そのため、あらゆる方策で安全対策を講じていただきたい。

令和2年9月に近隣住民からご要望がありました。

よしとみは早速相談者立ち合いで現地を確認。地権者の方とも直接お会いし、松山市道路管理課に対応を要請しました。

その結果、十字路の存在を知らせ注意を喚起するため、道路標示が設けられました。

 

○ 【市道久米27号線】ピュアフル鷹子(鷹子町749-2)北側の堀越川に架かる橋梁にガードパイプ設置

【市道久米27号線】ピュアフル鷹子北側の堀越川に架かる橋梁にガードパイプ設置

【市道久米27号線】ピュアフル鷹子(鷹子町749-2)北側の堀越川に架かる橋梁はガードレールやガードパイプなどがなく、転落する市民が後を絶たない。先日も中学生が転落し、幸いに命に別状なく大怪我もなかったものの、過去には後遺症を伴うような転落事故があったと聞く。そのため、転落防止策を講じていただきたい。

令和2年9月に中学生のお祖母さんからご要望がありました。

よしとみは早速現地を視察して、松山市道路管理課に対応を要請。

狭隘な市道であるためか市でも状況を把握していなかったようで、市も現地を確認し、転落防止のためのガードパイプが設置されました。

こどもたちの安全確保のために、浮穴小学校通学路に設置されたグリーンベルトについて、公明新聞で紹介していただきました。

「こどもがのひのび育つまち 松山」をめざし、これからも、小さな声を大切に精進して参ります。

KP210221浮穴小通学路GB

令和3年1月22日。11都府県に2度目の緊急事態宣言が発令され、愛媛県でも緊急事態措置が実施される中、松山市公明党議員団から野志克仁・松山市長に対し、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を行いました。

210122新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望

要望内容は以下のとおりです。

  1. 新型コロナウイルスに罹患した自宅療養者には、病状の急変に備えて、血中酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターを貸与すること。
  2. 国の予定では新型コロナワクチンの接種が2月末より実施されるが、国や県及び医師会などとの連携、接種会場の確保や医療機関への委託、市民への接種勧奨など、一連の業務を担う専門のプロジェクトチームを新設すること。
  3. ワクチン接種実施方法などの具体的なスケジュール等について、速やかに全市民への広報を行うこと。
  4. 新型コロナワクチンの接種にあたり、接種の効果や副作用など、市民の不安や疑問に丁寧に応える仕組みを作ること。
  5. 新型コロナウイルスの集団感染を未然に防ぐために、医療・介護従事者等を対象に、2020年5月に国が承認した簡易キット(抗原検査キット)を用いた抗原定性検査を実施すること。
  6. 「コロナ差別」といわれる新型コロナウイルス罹患者や医療従事者等への差別や偏見を防ぐために、感染症の正しい知識の啓発や相談体制の強化に取り組むこと。
  7. 飲食店等への営業時間短縮や休業等の要請に伴い大きな影響を受けている飲食料品納入業者に対して、経営継続を支援すること。

要望書はこちら☞210122新型コロナ対策に関する緊急要望

今年も「大衆とともに」の立党精神のままに、現場の声を大切に働いていきたいと思います。禍を転じる一年に。皆様の声をおきかせください。

年をまたいで通信を発行しましたので掲載します。

通信第22号表

通信第22号中

本日10:00から松山市議会12月定例会で一般質問をしました。

201209一般質問

これからも、小さな声を大切に、市政に届けて参ります。皆さんの声をおきかせください。

なお、今回の質問内容は下記のとおりです。

1.コロナ禍における季節性インフルエンザの同時流行対策について

(1)季節性インフルエンザ流行期における新型コロナウイルス感染症対策について

①季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行に備えた本市における新たな外来診療・検査体制はどうなっているのか。

②新たな外来診療・検査体制を敷くに当たり、かかりつけ医など地域の医療機関への本市からの支援は十分なのかどうか。

③季節性インフルエンザ流行期における新型コロナウイルス同時流行に備え、本市はどのような対策を行うのか。

(2)インフルエンザ予防接種費用の助成拡充について

(3)インフルエンザ予防接種費用を無料化する場合の試算について

①子どものインフルエンザ予防接種費用を無料化する場合、どの程度の経費がかかるのか。

 例えば、受験や就職を控えた中学3年生や高校3年生を対象とした場合はどうか。

②中学3年生までの子どもを対象とした場合はどうか。

③高校3年生までの子どもを対象とした場合はどうか。

④高齢者のインフルエンザ予防接種費用を無料化する場合の経費はどの程度か。

2.コロナ禍における行政手続の簡素化について

(1)「書かない市役所」について

①本市でも「書かない市役所」への移行に向けて、まずは「書かない窓口」を導入してはどうか。

(2)特別定額給付金事業における「行かない手続」について

①今回の特別定額給付金事業を通じて明らかとなった、市役所に行かずに手続を済ませるための本市の現状と課題はどのようなものか。

②本市の特別定額給付金事業におけるオンライン申請の状況はどうであったのか。

(3)「行かない市役所」について

①「行かない市役所」に向けての当面の取組と将来像について、本市の考えを問う。

3.歩きたばことポイ捨ての防止について

(1)条例に基づく対策について

①本市制定の条例に基づき、歩きたばことポイ捨ての防止のために、本市はどのような対策を講じてきたのか。

②その取組と効果をどのように評価するか。

(2)公共の喫煙施設の設置について

①受動喫煙防止の徹底を図るために、また、本市のシンボルを火災から守るために、公共の喫煙施設の整備を進めるべきではないのか。

②繁華街など人が行き交う場所でも分煙と防災を図るために同様の取組が必要ではないか。

4.コロナ禍における文化芸術振興について

(1)コロナ禍による文化芸術活動への影響について

①本市の主な会場などにおいて、新型コロナウイルス感染症の影響で中止や延期となった文化芸術のイベントや公演の状況はどうなっているか。

(2)コロナ禍における文化芸術活動への支援について

(3)オンラインによる芸術祭の開催について

①文化芸術活動に関する情報発信のプラットホーム、基盤を整え、オンラインを活用した発表の場、機会を設けてはどうか。

②道後アートや道後オンセナートと連動するなどして、オンラインによる芸術祭を開催してはどうか。

昨日11月24日(火)の夕刻。松山市公明党議員団から野志克仁松山市長に、来年度・令和3年度政策提言書を手渡しました。

来年度の提言は12の重点要望事項と96の一般要望事項からなります。これらは主に公明党の生命線である「市民相談」から生まれたものです。これまでもこれからも「現場の声」「小さな声」に耳を傾け続け、市民のための政策実現に力を尽くして参ります。皆様の声をおきかせください。

令和3年度政策提言

なお、令和3年度の重点要望事項は下記のとおりです。

1.新型コロナウイルス感染症拡大など不測の事態にも対応できるよう保健所の機能強化・体制強化を図ること。

2.コロナ禍が長期化することも見据え、中小企業・小規模企業者へのさらなる支援を行うこと。

3.行政手続のデジタル化と簡素化を推進し、利便性向上と業務効率化を図ること。

4.南海トラフ巨大地震や豪雨災害などの自然災害に備え、コロナ禍における万全な防災・減災対策を講ずること。

5.新たな水源の確保に努めるとともに、節水型都市づくりを推進すること。

6.新型コロナウイルス感染症に関して不当な差別や偏見がなくなるよう人権問題への対策を強化すること。

7.松山市がん対策推進条例に基づき、がんに関する各種施策のさらなる強化を図ること。特に、事業主へのがんの理解啓発や小中学校のがん教育の強化に取り組むこと。

8.地球温暖化対策(ZEH、太陽光発電設備、家庭用蓄電池、EV車、エネファーム、省エネルギー設備等)の補助制度の拡充を図ること。

9.ループバス運行網の拡大やデマンドタクシーの運行、さらには敬老パスの実施など、市内全域を網羅した交通弱者対策を講ずること。

10.コロナ禍で打撃を受けた観光産業の復興のために万全の対策を講ずること。

11.GIGAスクール構想の実現に向けて、ICTを活用した教育が確実に行える体制を整備すること。

12.災害時に避難所となる体育館にエアコンを設置すること。

昨日の公明新聞に、道後温泉本館保存修理工事の見学会を視察した様子が掲載されました。

道後温泉本館保存修理工事の見学会

ピンチはチャンス!よしとみは保存修理工事を今しかない観光資源と捉え、「見せる保存修理工事」、「参加する保存修理工事」として活かすべきだと議会質問で提案していました。

ちなみに、道後温泉本館は工事をしながらも営業してますので、工事中も入泉できますよ。

本日、決算特別委員会総務理財分科会に出席し、令和元年度の決算について質疑をしました。

201019総務理財分科会

令和元年度松山市歳入歳出決算 一般会計

(歳入)

1)市税

R1      当初予算640億円/収入済額702億円

H30    当初予算630億円/収入済額694億円

H29    当初予算620億円/収入済額688億円

①歳入の4割を占める市税について。市税の収入済額は毎年約5億円以上増えているようだが、その要因は何か。

②当初予算としても毎年10億ずつ増えている。増収のこの傾向は今後も続く見通しなのか。

19)寄附金

新しい資金調達の手法について、3つの事業について伺う。

【笑顔広がる!まつやま応援寄附金】233,714千円

①ふるさと納税の当初見込みはどうだったのか。

②納税件数は何件か。

③最高額はいくらか。

④返礼の特典で評判が良いのは何か。

【道後温泉本館保存修理寄附金】6,005千円

①クラウドファンディングによる資金調達であるが実績はどうか。

②目標に対する達成度という点ではどうか。

③これまでいただいた寄附の最高額は。

④リピーターはいるのか。

⑤返礼の特典についてはどうなっているか。評判はどうか。

【市民活動推進寄附金】5,841千円

①市民活動推進事業では寄附金に上乗せしてマッチングギフト方式でNPOなどを支援しているが、寄付の内訳はどうか。

②寄附団体に増減や変化はあるのか。

③ふるさと納税やクラウドファンディングでは出資者に対して返礼品や特典があるが、この事業では出資団体にメリットはあるのか。

(歳出)

2)総務費-1)総務管理費-11)財産管理費

【法定外公共物管理事務】6,154千円

里道、水路、堤、溜池などの国から譲与を受けた法定外公共物の適正な財産管理及び運営に努め、公共の福祉の増進に寄与する。

①令和元年度の事業6,154千円の内訳はどういったものか。

②市が管理する法定外公共物の件数と内訳はどうなっているのか。

③資産管理の上では必要だと思うが、台帳は作らないのか。

④法定外公共物については、その管理を巡って時々相談をいただく。事務事業シートで確認すると「法定外公共物(里道、水路等)の管理全般に関する相談が増えてきてい」て、H29年度から始まった事前相談が平成30年度41件から令和元年度115件に増加しているようだが、どういった相談内容なのか。

⑤未解決の場合の理由は。

2-1-11財産管理費

【公共施設再編成計画推進事業】797千円

①「公共施設マネジメント基本方針」「公共施設再編成計画」「公共施設等総合管理計画」を策定し、計画的に再編を進めているが、令和元年度事業の取り組みはどのようなものか。

②具体的なロードマップ、工程表の作成はどうなるか。

③市有施設の4割は学校で、市有施設全体に占める割合は大きい。今後は少子化により空き教室は増えていくことが予測される。当然、学校は地域のシンボル・象徴であり、地域の拠り所でもあるので、地域住民の意向が何より重要だと考えるが、人口減少による財源不足が心配される中で、校区の統合や学校の集中などについては、どのような検討がなされているのか。

21世紀松山創造基金積立金(公共施設マネジメント分)】500,000千円

①21世紀松山創造基金積立金(公共施設マネジメント分)500,000千円については、例年は300,000千円の積立であったと記憶するが、増額したのか。

②どういう経緯で増額に至ったのか。

③積立の累計はいくらになったのか。

2-1-12企画費

【移住定住促進事業】37,602千円

①市の移住相談窓口等を通じた県外からの移住者数はH29年度799、平成30年度1,159、令和元年度1,631と順調に増加しているように見受けられる。移住の動機はどのようなものが多いのか。

②就職・転勤以外に、まちおこしや松山の魅力にひかれて移住する人はどの程度いるのか。

③今後の課題は、移住定住の「定住」だと思われるが、定住率はどうなっているか。

④定住のための支援策はどうなっているのか。

2-1-15電子計算費

【電子市役所推進事業(オープンデータ推進事業)】

市民サービスの充実や地域経済の活性化、地域課題の発見・解決につなげることを目的とする。

①市が所有するデータを民間にも活用してもらい、民間資力が活用され、経済の活性化につながる、マーケティングにも活用してもらう、有意な取り組みだと思うが、どの分野のデータが多いのか。

②公共データの民間開放(オープンデータ)889件、公共データの利活用累計件数(オープンデータ利活用)5件となっているが、どういう意味なのか。

③利活用に関して、手続きや利用料は必要なのか。

④公共データの民間開放はH29年度724、H30年度750、令和元年度889と徐々に増加しているが、要員は何か。

2-1-20危機管理費

【災害用物資資機材整備事業】27,663千円

松山市域で被災した市民等に対して、食糧や生活必需品を提供するための備蓄をする。

①令和元年度27,663千円の使い道は。

②地区防災訓練において、避難所の備品の仕様や基準はどうなっているのか、地域住民から問い合わせをいただいた。どうなっているのか。

③標準的な災害用物資資機材のリスト・パッケージはあるのか。

④地区の訓練には車イスに乗った方も介助者と参加されていて、「段ボールベッドが低くて介助者が大変だと思うので、もう一段重ねたりできますか?」と。当事者からの指摘は大変参考になるが、障がいのある方など当事者の声を反映する仕組みはどうなっているか。

昨日午後。総務理財委員会が開催され、9月補正予算案などの上程議案について、本委員会所管分の審査をしました。

200924総務理財委員会

私からの質疑は下記のとおり。

質疑を通じて、さらに一歩でも二歩でも市政が前進することを願って、毎回の委員会には臨みます。

令和2年度松山市一般会計補正予算(第5号)

(歳入)

1622目 総務費国庫補助金 1,757,621千円

①地方創生臨時交付金約17億3000万について、6月補正後の交付金未使用額が20億程度と伺っていた。今議会の承認で交付金を使い切ることになるとのことだが、差し引きすると億単位の未使用額があることになるが、どうか。

②地方創生臨時交付金については、自治体の使い勝手の良さが評価されていると思うが、第3次の臨時交付金の見込みはどうか、市として交付の希望はあるか。

③仮に第3次交付金が配分された場合、本市としてはどのような活用が考えられるか。

 

(歳出)

2112目 企画費 20,735千円

SDGs推進事業】18,385千円

SDGs(持続可能な開発目標)の普及・啓発を行うとともに、産・学・民・官・金が一体となった「松山市SDGs推進協議会」の活動支援等を通じて、持続可能なまちづくりを推進する。

①SDGsの推進体制はどのようなものか。

②約2千万円のうち推進負担金が14,000千円とのことだが、使途は何か。

③今議会にはSDGsスマートアイランドモデル事業が計上されている。得意技・得意分野から取り組むのは啓発のためには良いが、苦手分野についても認識し、目標達成に向けて、どのように克服していくのかを考えることが重要。

そもそもSDGsは17分野・17目標の達成を通じて、「誰一人取り残さない」、持続可能な開発をめざすもの。そこで、大切になってくるのは、まずはSDGs17目標のそれぞれについて、本市の状況分析・現状認識をすることだと考えるが、そうした取り組みはできているのか。

④市ホームページでは、SDGsは市民一人一人が行うことでもあり、「全ての人が参加する」ことを志向していると紹介されている。

市民への啓発を進めるためには、こどもの口に上ること。そのためには、教育の場・学校で触れることが大事だと考えるが、教育現場での取り組みはどうなっているか。どうしていくか。

 

2121目 節水型都市づくり推進費 19,522千円

【節水推進事業(うち、節水シャワーヘッド購入助成事業4,500千円)】

「新しい生活様式」の実践に伴う水使用量の増加を抑えるため、新たに節水シャワーヘッドの購入のほか、引き続き節水型トイレの改修に助成を行う。

①「新しい生活様式」の実践に伴う水使用量の増加の状況を問う。

②節水推進事業については、節水という当初の目的を果たせる事業なのかどうか。そして、市民が求める事業になっているのかどうか。そうした観点が大事かと思う。その意味で、補助率や補助額、お得感も大事。

トイレ改修助成は人気があるようだが、節水シャワーヘッド購入助成は期待できるか。

③本市ではこれまで様々な節水の取り組みを推進してきたが、人気があった事業、予算が残った事業もあったときいている。これまでの各事業の実績・成果はどうなっているのか。

台風10号が接近しますが、素鵞地区防災訓練に防災士として参加しました。

2020地区防災訓練

例年は拓南中学校とPTAの協力をいただいて大々的に行うのですが、今年はコロナ感染拡大防止のため、参加人数をかなり絞っての開催。
まずは、三密回避に配慮して、導線を考えて受付を設置。検温をして、参加者名簿に記名。記名用の鉛筆は使い回ししません。しかしながら会場に入ると、十分な距離を保つのが難しい場面も。
会場にはいくつかの体験コーナーが設けられ、私は段ボールベッドの組み立てを担当。部材には予めマジックで記号が書かれていて、初めこそ戸惑いますが、2回目からは手際良く作れそうです。
訓練には車イスに乗った方と介助者の姿も。パーテーションで区切られた居住空間に車イスごと入ってみて、部屋の広さや段ボールベッドを置いた感じを確認されていました。「段ボールベッドを置くと、車イスの動きが取れませんね。」
そして「段ボールベッドが低くて介助者が大変だと思うので、もう一段重ねたりできますか?」と。公民館長を探して確認したところ、素鵞公民館には一つしかないとのことでした。が、今後まちづくり協議会で検討したいと言ってくださいました。
実際にやってみるって、とても大事。いろいろな気付きがあり、とても良い訓練でした。ちなみに、避難所の開設は自治体が行いますが、避難所の運営は避難者が主体で行うこととなります。知ってました?

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp