カテゴリー(ⅱ 地域をもっと)

皆様から声をいただいていた地域課題への対応について、状況を確認してきました。

◎【素鵞40号線】【同132号線】お弁当の「遊楽」前のT字路にカーブミラーを設置。路面の舗装を直しました。

【素鵞40号線】【同132号線】T字路にカーブミラーを設置

 

【素鵞40号線】【同132号線】T字路路面の舗装

【素鵞40号線】【同132号線】T字路は狭隘な上に交通量が多く、車両や家屋外構との接触が後を絶たない。そのため、カーブミラーの設置や外側線の復旧など安全対策を講じていただきたい。

また、同路線は継ぎはぎが多くて路面の状態が悪く、舗装の直しをお願いしたい。

令和4年1月、地元住民の方からご相談がありました。

よしとみは早速現地を取材し、市道路河川管理課に対応を要請。

4月にはカーブミラーが設置され、路面の舗装直しも完了しました。

 

◎【素鵞67号線】【同58号線】十字路にカーブミラーを設置しました。

【素鵞67号線】【同58号線】十字路にカーブミラーを設置

 

【素鵞67号線】が【同58号線】に結節する十字路は特に【同58号線】の通行量が多く、東側から進入したときの見晴らしが不良なため、出会い頭の衝突事故の危険性が高い。そのため、カーブミラーを設置するなど、安全対策を講じていただきたい。

令和4年1月、地元住民の方からご相談がありました。

よしとみは早速現地を取材し、市道路河川管理課に対応を要請。

4月にはカーブミラーが設置され、相談者の方も大変喜ばれました。

 

◎【素鵞62号線】【同71号線】JA拓南支所前の十字路にカラー塗装など安全対策を施しました。

【素鵞62号線】【同71号線】十字路にカラー塗装など安全対策

 

【素鵞62号線】は拓南中学校の多くの生徒が通学に利用するが、車両等の通行量が多く大変危険な状況である。特に【同71号線】が結節する十字路は出会い頭の事故が多発しており、先日も農協前に設置されていたカーブミラーが事故により倒壊している。この地点はすでに停止線、横断歩道、カーブミラーなどで注意喚起・安全対策が行われているが、路面をカラー塗装にするなど、いっそうの注意喚起、安全対策を講じていただきたい。

令和4年2月、拓南中学校からご相談がありました。

よしとみは早速現地を取材し、市道路河川管理課に対応を要請。後日、学校と市、警察や地域団体など関係者が集って現地で立ち合い、今後の対応を協議しました。

その結果、非優先の路線に赤のカラー塗装が施されるとともに外側線で車道が狭められ、通行車両は減速して注意深く通行するようになりました。学校の先生にも大変喜ばれています。

 

◎【松山環状線南部】Honda Cars 愛媛 天山店前の樹木を伐採しました。

before

【松山環状線南部】Honda Cars 愛媛 天山店前の樹木を伐採before

 

after

【松山環状線南部】Honda Cars 愛媛 天山店前の樹木を伐採

 

こちらの店舗前の歩道には樹木が5本立っていて通りから店が隠れてしまい、来客者が迷うなどして困っており、景観も損ねている。そのため、樹木の撤去をお願いしたい。

令和4年2月、松山環状線南部にあるHonda Cars 愛媛 天山店の店長からご相談がありました。

よしとみは早速現地を取材。地点は国の管轄であるため、山本ひろし参議院議員の秘書に対応を要請。

このほど、樹木が伐採され、店舗前の景観がすっきりしました。

 

◎【石井167号線】天山橋-上吉木橋間に防犯灯を設置しました。

【石井167号線】天山橋-上吉木橋間に防犯灯を設置

 

小野川沿いの【石井167号線】天山橋から上吉木橋の区間は既設防犯灯が2基あるものの、夜間は真っ暗で通行に危険を感じている。そのため、防犯灯を増設するなど安全対策を講じていただきたい。

令和4年1月、地元住民の方からご要望がありました。

よしとみは早速、市民生活課に対応を要請。

結果、防犯灯が一基設置されました。

 

◎【浮穴12号線】【浮穴57号線】交差点に安全対策を施しました。

 

【浮穴12号線】【浮穴57号線】交差点に安全対策

大変残念なことに、11月17日の夕刻、市道【浮穴12号線】と【浮穴57号線】の交差点において、自転車に乗った高校生にトラックが衝突するという痛ましい死亡事故が発生しました。

この地点は以前から、近隣の中央高校に自転車で通う生徒と車両等が衝突する事故が頻発しており、すでに停止線や横断歩道の設置、交差点を示す十字の標示など様々な対策が講じられてはいるものの、いっそうの安全対策が求められていました。

よしとみは事故の翌日現地に赴き、今後二度とこのような不幸な事故を起こさないよう、車両等の進行を適切に制御するための信号機設置など適切な安全対策を講じるよう、木村県議を通じて県警に要請。11月24日には県警、学校、PTA、松山市の四者で現場点検を実施し対策を協議しました。

学校・PTAから以下の3点の要望が挙げられました。

  1. 横断歩道や白線の引き直しを早急に行う。
  2. 市道の形状をコンパクトにしてスピードが出ないようにする。
  3. 道路照明を松山市で設置する。

その結果、減速を促す車道幅の縮小や注意喚起を促すカラー塗装、歩道への車両進入防止のためのポール設置や横断歩道等の復旧が行われました。

昨日、議会の合間にご相談があった場所の現地確認をしてきました。

グレーチング居相5丁目②

居相5丁目の自宅前の通りには所々に鉄製のフタが敷いてあるが、車が通るたびに大きな金属音が響き、夜も眠れないほどである。何とか解決してほしい。

グレーチング居相5丁目

今年1月に相談を受けたよしとみは、早速紹介者とともに現地を訪問。現場は閑静な住宅地でした。

取材をし、調べたところ、路線は【市道石井187号線】であることが判明したため、よしとみは要望書を作成し、管理者である松山市の道路河川管理課に対応を要請。

すぐさま市は現地調査に赴き、騒音の原因となっている数枚の鉄製のフタを専用のゴムで固定しました。

グレーチング居相5丁目③

その結果、車両などが通行しても金属音はしなくなり、ご相談者はとても喜ばれています。

グレーチング居相5丁目④

「よしとみマン通信」第23号を発行しましたので公開します。

夏の盛りの8月号なので、涼しげな青を基調に彩色しました。

通信第23号表

通信第23号中

昨日付の公明新聞四国版に、井門町の重信川緑地にあるトイレの洋式化が紹介されました。

子どもたちのソフトボールの練習では弟や妹なども連れて引率することも多いが、小さな子どもが和式トイレで用を足すのは一苦労する。洋式トイレを増やせないか

党員を通じて浮穴地域の保護者の方から伺ったご要望ですが、願いが通じて洋式トイレが3つ設置されました。

KP210307重信川緑地トイレ様式化

 

市民の方々からいただいた地域課題への対応について、現地を確認に行きました。

○ 【県道190号線】市坪南1丁目6-22宅地入口にカーブミラーを設置

【県道190号線】市坪南1丁目6-22宅地入口にカーブミラーを設置

【県道190号線 久米垣生線】の市坪南1丁目6-22宅地入口付近は車両などの通行量が多く、速度も速い。以前は県道を挟んだ電柱にカーブミラーが設置されていたが現在は撤去され、代わりに開発業者が宅地入口にミラーを設置したが確認が難しく、県道の往来と宅地の出入りで接触する危険性が極めて高い。宅地は近年児童らも増えており、そのため、カーブミラーの復旧などの安全対策を講じていただきたい。

令和2年7月に住民の方からご要望がありました。

よしとみは早速相談者立ち合いで現地を確認し、松山市道路管理課に対応を要請。

以前ミラーを設置していた電柱の地権者の方の同意も得られ、カーブミラーが設置されました。

 

○ モリヤス自動車前農道水路の法面を修復

モリヤス自動車前農道水路の法面を修復

モリヤス自動車(今在家4丁目1-47)前の農道は水路側が崩れてきており、特に近年は豪雨・洪水による崩落が心配される。そのため、法面の修復をしてほしい。

平成30年2月、ご要望を伺ったよしとみは早速河川水路課に対応を要請。

管轄する農林土木課が土地改良区同伴で現地で立ち会いをすることになりました。

そして、このほどようやく、法面の修復工事が完了しました。

 

○ 【素鵞25号線】【同91号線】十字路に路面標示

【素鵞25号線】【同91号線】十字路に路面標示

【市道素鵞25号線】【同91号線】十字路は抜け道として通行量が多いが、狭隘な上、見晴らしが悪く、最近でも人身事故が数回発生している。そのため、あらゆる方策で安全対策を講じていただきたい。

令和2年9月に近隣住民からご要望がありました。

よしとみは早速相談者立ち合いで現地を確認。地権者の方とも直接お会いし、松山市道路管理課に対応を要請しました。

その結果、十字路の存在を知らせ注意を喚起するため、道路標示が設けられました。

 

○ 【市道久米27号線】ピュアフル鷹子(鷹子町749-2)北側の堀越川に架かる橋梁にガードパイプ設置

【市道久米27号線】ピュアフル鷹子北側の堀越川に架かる橋梁にガードパイプ設置

【市道久米27号線】ピュアフル鷹子(鷹子町749-2)北側の堀越川に架かる橋梁はガードレールやガードパイプなどがなく、転落する市民が後を絶たない。先日も中学生が転落し、幸いに命に別状なく大怪我もなかったものの、過去には後遺症を伴うような転落事故があったと聞く。そのため、転落防止策を講じていただきたい。

令和2年9月に中学生のお祖母さんからご要望がありました。

よしとみは早速現地を視察して、松山市道路管理課に対応を要請。

狭隘な市道であるためか市でも状況を把握していなかったようで、市も現地を確認し、転落防止のためのガードパイプが設置されました。

こどもたちの安全確保のために、浮穴小学校通学路に設置されたグリーンベルトについて、公明新聞で紹介していただきました。

「こどもがのひのび育つまち 松山」をめざし、これからも、小さな声を大切に精進して参ります。

KP210221浮穴小通学路GB

コロナ禍において取材も控えめになりますが、ようやく今週末、地域課題への対応について確認の取材をしてきました。

○ 重信川緑地ソフトボールグラウンドのトイレを洋式便器に改修

重信川緑地ソフトボールグラウンドのトイレを洋式便器に改修

井門町にある重信川沿いのソフトブールグラウンドに設置されているトイレには、男性1室・女性2室に和式の便器が設置されているものの洋式便器がなく、大変不便である。そのため、洋式便器を設置していただきたい。

令和元年8月、浮穴小学校のソフトボールチームの役員をされている方からのご要望が届きました。

早速よしとみは現地を取材し、松山市スポーティングシティ推進課に対応を要請。

市からは、「敷地は重信川河川敷であるが、軽微な改修なので国交省の許可を得ずとも市の裁量で工事できる。段差の解消や手すり設置も含めて改善したい」との回答がありました。

予算の都合で年度内になるか次年度になるか分かりませんでしたが、野志市長の後押しもあり、令和2年2月に改修が完了しました。

 

○ 【市道浮穴12号線】ローソン松山サンパーク前店前を補修

【市道浮穴12号線】ローソン松山サンパーク前店前を補修

ローソン松山サンパーク前店(井門町796-2)が開店する予定だが、店舗前【市道浮穴12号線】の路面端が未舗装となっていて、段差によって自転車などは操縦が利かなくなり大変危険である。そのため、安全対策を講じていただきたい。

令和元年10月、地域の方からご要望がありました。

よしとみは早速現地を調査し、市道路管理課に対応を要請。

ひとまず、応急処置で補修がされました。

 

○ 井門町207-1の個人邸前私道を舗装整備

井門町207-1の個人邸前私道を舗装整備

井門町207-1の自宅前の私道は老朽化が進み、通行に支障が生じている。そのため、舗装・整備してほしい。

平成30年5月、住民の方からご要望がありました。

早速よしとみは要望者に面会し、現地を取材。市道路管理課に対応を要請しました。

道路管理課からは、「一部に農道があり、農林土木課とも連携して対応する」と回答がありました。

令和2年2月には整備が完了したと喜びの報告が届きました。

 

○ 【市道浮穴47号線】など浮穴小学校通学路にグリーンベルトを設置

【市道浮穴47号線】など浮穴小学校通学路にグリーンベルトを設置

【市道浮穴47号線】「きら寝具店」(森松町510-1)前から県営森松団地前までの区間は通学路になっているものの、車両等の通行量が多く、通学などの際は大変危険である。そのため、グリーンベルトを設置するなど、児童・生徒の通学などにおける安全対策を講じていただきたい。

令和元年の年末が迫る中、浮穴小学校保護者の方からご要望がありました。

よしとみは早速現地を取材し、市道路管理課に対応を要請。

道路管理課からは、「通学路であるため、地元から学校に要望し、学校から教育委員会に要望する。施工は道路管理課になる」との回答がありました。

【市道浮穴47号線】など浮穴小学校通学路にグリーンベルトを設置②

年が明けて令和2年の1月7日には、市教育委員会・道路管理課・農林土木課、松山南警察署、学校関係者、総代、町内会、PTA、交通安全協会など関係者が一堂に会して現地を点検。一部に市道以外の路線も含まれ、今後の対応について協議しました。

そうして、市道とそれ以外の路線も含め450mにわたり、グリーンベルトが設置されました。

 

○ 【県道森松重信線】「理美容MICSカン」前に蛍光ポール設置

【県道森松重信線】「理美容MICSカン」前に蛍光ポール設置

住居兼店舗(理美容MICSカン)前の【県道森松重信線】は浮穴小学校に通う子どもの通学路になっているが、向いのローソン松山森松町店に入店するために車両が待機している時は、重信方向から来た車両が外側線を超えて住居前まで大きく膨らんで走行し大変危険である。そのため、ガードレールを延長するなど有効な安全対策を講じていただきたい。

令和元年12月にご要望がありました。

よしとみはまず、現地を取材。そして、県道であるため木村誉県議会議員に対応を要請しました。

年が明けた令和2年1月には、早速対策が実施されたと御礼のご報告がありました。

 

○ 拓川町2の個人邸前の水路フタをグレーチングに改修

拓川町2の個人邸前の水路フタをグレーチングに改修

自宅前水路のフタの損傷が著しく、関係者に相談したところ3年は待つと言われた。現在は鉄板を敷いて凌いでいるものの落下する心配もあり、早く改修できないものか。

令和元年11月、住民の方からご相談がありました。

よしとみは地元関係者に問い合わせ、さらに、市農林土木課にできるだけ早期の改修を依頼。

市からは、「工事内容によって管轄が変わり、水路そのものの改修だと5年後になる。しかし、フタが薄くて損傷も激しく、車両や人が脱落する危険性もあるため、農林土木課においてグレーチングに交換することとした。年度内に対応したい」と回答がありました。

こうして、令和2年3月には工事が完了し、喜びの御礼報告をいただきました。

 

○ 【素鵞40号線】まなぶ塾(中村4-3-36)前にカーブミラーを設置。防犯灯を交換

【素鵞40号線】まなぶ塾(中村4-3-36)前にカーブミラー設置

「まなぶ塾」(中村4丁目3-36)前の【市道 素鵞40号線】と【市道 素鵞119号線】が交差するT字路、並びに【素鵞40号線】と東側私道が交差するT字路は車、バイク・自転車・歩行者の往来が激しく、常に衝突や接触の危険性が高く大変危険である。そのため、カーブミラーを設置するなど、いっそうの安全対策を講じていただきたい。

【素鵞40号線】まなぶ塾(中村4-3-36)前防犯灯を交換

平成30年5月、地元の方からご要望がありました。

よしとみは早速現地を確認し、市道路管理課に対応を要請。

市からは、設置可能であり、地元からの申請待ちとの回答がありました。

その後、令和2年1月にも重ねて要望があり、調査したところ、申請が滞っていることが判明。そこでよしとみは、要望者・地権者・町内会長と連絡を取り、申請を手伝うことに。

こうして3月には、カーブミラー両面鏡1か所・片面鏡1か所の設置を確認。併せて、「まなぶ塾」から照度不足の指摘があった防犯灯の交換も完了しました。

よしとみマン通信も、ようやく第20号の発行となりました。

手作り感が満載だと思いますが、ご高覧下さいませ。

通信20

通信20中面

 

台風一過。工事完了の現場を取材してきました。

◎中村5丁目の私道が舗装されました。

(東側から)

中村5私道a

(西側から)

中村5私道a②

自宅前の私道は未舗装となっており、降雨時はぬかるんで通行に支障がある。そのため、舗装して欲しい。

平成30年1月、地元住民からご要望がありました。

私道は個人所有の土地を個人の便益のために道路として使用しているもので、その維持修繕は私道の所有者及び利用者の負担で行うべきものですが、松山市には市民の生活環境の向上を図ることを目的とした私道整備事業があり、一定の要件を満たしている場合は市が舗装工事を実施できる場合があります。

そこで、よしとみは早速現地を取材し、市道路管理課に問い合わせ。そうしたところ、平均幅員1.2m以上、利用家屋が複数存在、路面排水施設の既設などの要件は満たしており、地権者の総意であれば私道整備事業が活用できるとのことでした。しかし、地元の町内会長に状況を確認したところ、以前は地権者の意向により私道整備事業の申請に至らなかったので、再度、意向調査から始めなければいけないだろうとのことでした。

私道の地権者は6件、隣接する家屋はマンション4件を含め15件。よしとみは町内会長の協力をいただき、一軒一軒訪問して意向を確認。南予や関東に在住する地権者もいましたが、管理会社に協力をいただき、最終的には整備に必要な15件全部の承諾を得ることができました。

申請書類を整え、ようやく10月になって道路管理課に申請書を提出。

その後も、支障物の撤去や境界への構造物の設置など地権者側で行うべきこともあり、周知をし、協力をお願いしました。

そして令和元年9月、まずは2日間でマンホール取替工事が実施され、続いて3日かけて100mにわたる道路舗装工事がついに完了。長年の懸案が解決して、良かったですね(^^)

before

中村5私道b

中村5私道b②

9月に入って残暑がぶり返し今日も大変な暑さですが、恒例のマンデー街頭をしてから、2カ所取材してきました。

◎ 石手川緑地「わんパーク」に小型犬用ドッグランが開設されました。

「わんパーク」小型犬用ドッグラン開設

松山市には松山総合公園内と室町1丁目付近の石手川緑地の2か所にドッグランがあります。ともに無料・無登録で、市民と愛犬に愛される専用広場となっています。しかしながら石手川緑地のドッグラン「わんパーク」は小型・大型の区別がないため常にトラブルの心配があり、小型犬と大型犬を分けた専用広場の開設を求める声が上がっていました。

よしとみはそうした声を代弁して松山市議会平成30年3月定例会の一般質問でドッグランの充実について取り上げ、石手川緑地にも小型犬・大型犬を分けたドッグランを開設することについて次のように提案していました。

松山総合公園、そして石手川緑地のドッグランともに、市民と愛犬に愛される専用広場となっています。そうした憩いの広場において、体格の違いにより愛犬同士がトラブルとなり、愛犬家同志が反目することになるのは大変残念なことです。人と犬が安心して楽しめるドッグランの環境整備を進めるために、広場を増設するなどして、小型犬と大型犬を分けるべきだと思いますが、お考えをお示しください。

 ◇

◎ 外環状道路側道松山インター入口付近交差点のカーブミラーが交換されました。 

before

松山インター入口付近交差点のカーブミラーbefore

after

松山インター入口付近交差点のカーブミラーafter

北井門2丁目14・17間を南下する路線と外環状道路側道が結節する交差点にはカーブミラーが設置されているものの、老朽化しており鏡面の汚れも著しく、十分に機能を果たしていない。自分が鏡面を磨いても良いが、どうしたらいいか。

本年7月、地域の方からご要望がありました。よしとみは早速現地を調査し、道路管理課に問い合わせ。

ミラーはかなり老朽していて交換することとなり、このほど交換が完了しました。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp