素鵞地区防災訓練に防災士として参加しました。会場を公民館の体育館からグランドに変更し、少人数で短時間の訓練となりましたが、ご地域の皆さん暑い中、本当にお疲れ様でした。例年参加する拓南の生徒たちは今回は参加せず、少し残念。

まん延防止期間ではありますが、「災害はいつ起こるか分からない」「備えあれば憂いなし」ということで、十二分に検討された結果、命を守るために必要で急務なこととの判断で開催となったようです。素鵞地域は気骨があります。

202108地区防災訓練③

発電機の指導訓練では、給油OK、開栓OK、スイッチOK、いざスターターをグイっと引っ張って。しかし、何度スターターを引いても、力強く引いても、素早く引いても、プルプル、プルプルと始動せず。ここで経験者から「オイル入れたか?オイル入れんとかからんで」と助言があり、エンジンオイルを給油して、いざ再びスターターを引っ張ったら、一発でエンジンがかかりました。

202108地区防災訓練

2台ある発電機のもう一台も同じような状況で、こちらもエンジンオイルを入れて再度スターターを引きましたが、こちらは何度引いてもエンジンがかからず。ついに、解体して点検作業になりました。

やっぱり、訓練は大事だと実感!

202108地区防災訓練②

避難所トイレ開設のコーナーでは簡易トイレを使った訓練をしましたが、「こうしてトイレを設置しても、し尿の処理が大変だよね。やっぱり、マンホールトイレがいいよね」など、訓練・体験を通しての声があがっていました。

やっぱり、訓練は大事!

わたしは初期消火のコーナーの担当で、消火器を使った放水をお手伝いしましたが、繰り返し使うためにストッパーのピンを戻しつつ、消火器にも個体差があるなと思いました。

訓練は大事!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp