昨日3月2日(木)、松山市平成29年第1回定例会で一般質問をしました。

質問内容は次のとおりです。

170302一般質問

1.通学路の安全について

(1)平成24年4月以降の安全対策について

①平成24年の合同点検の結果を踏まえた対策について、進捗状況を問う。

②また、今後の取り組みについてはどのようになるのか。

(2)通学路を示すグリーンベルトの敷設について

①通学路におけるグリーンベルトの敷設状況を問う。

②児童らの安全のために、歩道がないすべての通学路にはグリーンベルトを敷設すべきではないか。

(3)グレーチングの安全について

①本市内のグレーチングは早急に安全なものに全交換すべきではないのか。

2.これからの学校教育と学業支援について

(1)コミュニティ・スクールの導入について

(2)松山市における奨学資金制度の拡充について

①そろそろ本市でも、Uターン就職者などへの返済支援や給付型奨学金の導入を真剣に検討すべき段階に入ったのではないか。

3.選挙制度について

(1)松山市南部に民間施設などを活用した期日前投票所を設置することについて

①各期日前投票所での投票実績などはどうなっているか。

②本市の南側にも商業施設・民間施設などを活用して期日前投票所を開設してはどうか。

(2)「移動期日前投票所」の導入について

4.ワーク・ライフ・バランスについて

(1)プレミアムフライデーの導入について

(2)月曜午前半休の導入について

5.高齢者への介護などについて

(1)「ふれあい・いきいきサロン」の運営などについて

①「認知症初期集中支援チーム」を配置する際、各地域包括支援センターの人員は増えるのかどうか。

また、各支援センターへの予算配分と内訳はどうなるのか。

②新しい「ふれあい・いきいきサロン事業」は従前と比べてどう変わるのか。

特に、事業費の内訳についてはどのように再編されるのか。

(2)介護保険を活用した「生活する環境を整えるサービス」の利用者負担について

①本サービスは、いったん利用者が全額自己負担することになっているが、当初から利用者1割もしくは2割負担で支払いが完了するようにならないか。

6.新しい文化芸術の振興について

(1)アール・ブリュット(生のままの芸術)の普及について

①アール・ブリュットとその普及に関して、本市はどのように認識しているか。

②道後アート・オンセナートと併せて、アールブリュットの祭典を開催してはどうか。

(2)アール・ブリュット美術館の創設について

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp