地元中学校の創立70周年記念式典・文化祭に参列させていただきました。

70周年②

防災学習やいじめ対策CMの取り組みなどの発表。

70周年

3年生のソーラン踊り。

70周年④

全校・学年別の合唱披露。

70周年⑤

2年連続で全国大会出場を果たした、吹奏楽部の演奏。

本当に圧巻の、素晴らしい、記念の文化祭でした。

私はPTAを代表して、ご挨拶をさせていただきました。

空高い秋晴れのもと、創立七十周年の記念式典がこのように盛大に開催されますこと、心よりお祝いを申し上げます。七十周年、誠におめでとうございます。

また今日は、大変ご多用のところ、日ごろから中学校を支えてくださっている地域の皆様・ご来賓の方々にもご参列いただいております。この場をお借りして、改めて、皆様の長年のご尽力に対し、感謝・御礼を申し上げます。大変に、ありがとうございます。

七十年間連綿と続く、教職員の先生方のご指導、また、地域の皆様のご支援、保護者の皆様の応援、そして、先輩から後輩に至る生徒自身の努力。この中学校には、皆様が織り成した七十年の歩みがあります。ご関係のすべての方々にお祝いと御礼を申し上げますとともに、今後ともいっそうのご指導とご支援とをお願い申し上げます。

スポーツに、また文化・文芸に、近年の本校生徒の活躍は目覚ましいものがあります。このほど吹奏楽部は、昨年に続き二年連続で全国大会に出場。銅賞を受賞しました。大変におめでとうございます。また本日は、七十周年記念の文化祭として、午後からは合唱・合奏をはじめ、様々な発表がございます。

私たちが日ごろから親しむ音楽。その音楽において、後世に大きな影響を与えた人物は誰か。その一人に、楽聖、つまり、音楽の神様・ベートーベンがいます。交響曲第五番「運命」や、「第九」と言われる交響曲第九番「歓喜の歌」。皆さんもどこかで一度は聞いたことがあると思います。

しかし、作曲家としての栄光とは裏腹に、ベートーベンの人生は苦悩・苦しみに満ちたものでした。父親は酒浸りで家庭は貧しく、しかも、最愛のお母さんは彼が十六才のときに亡くなります。そのため彼は若くして音楽の才能で生活費を稼ぐことになります。

さらに、ベートーベンは聴覚、聴く力を失っていきます。音楽家にとってあまりに残酷な聴覚障害に、一時は自殺も考えます。しかし、作曲家としての「使命」を果たすため、彼は生き抜くことを決意します。それでもなお、過酷な運命は追い打ちをかけてきます。晩年には肺結核を発病。家族の間の葛藤にも悩みます。

そうした苦悩の嵐の真っ只中で、大作・交響曲第九番「歓喜の歌」は生まれました。その主題は「苦悩を突き抜けて歓喜へ」。第九には、深い苦悩を乗り越えた果てに存在する真の歓喜が表現されています。だからこそ第九は、失意の底・絶望の底に沈む人を奮い立たさずにはおかない響きがあります。

苦悩を突き抜け歓喜へ至れ!

悩みのない人はおりません。大きな悩みは、大きな喜びのための燃料である。すべては、自分自身の財産になる。そう捉えて、自身と学校の歴史を拓くために、新たなページへ繋ぐ一歩を、しっかりと踏み出して参りたいと思います。

創立七十周年から八十周年、そして百周年へ。本日ご参集の皆様の健康と無事故、そして、ますますのご活躍とご多幸をお祈り申し上げ、祝辞とさせていただきます。

本日は大変に、おめでとうございます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp