昼過ぎより松山市駅前坊っちゃん広場にて、恒例の「成人の日 まちかど演説」。

大塚松山市議、大野伊予市議、そして、大変有難いことに青年党員・支持者の皆さんと。

2015成人の日まちかど演説

最初に、男女青年党員より公明党の青年政策をお訴えの後、よしとみの話。(以下、要旨メモ)

1.「青年の党」公明党

  • 公明党は国会議員55人中16人=3割が30代を中心にした青年議員
  • 全国3000名の議員のうち約900人=3割が女性
  • 青年の力・女性の力を推進力に、公明党は2015年も戦う

2.「暮らしを守る」公明党

  • 昨日末の衆院選、4議席増やし35議席の大勝利
  • 公明党の取り組み。1つは「軽減税率実現」
  • 具体的な制度設計の段階に
  • 食料品など、生活に必要な物の税率は軽くする【軽減税率】(=複数税率)
  • 消費税は恒久法。長く続く制度 ⇒ 恒久法には恒久的な手当てが必要
  • 国民の8割「賛成」。特に、女性からの圧倒的な支持
  • 少子高齢化が進む日本では【社会保障と税の一体改革】は避けて通ることはできない。『暮らしを守りながら改革を進める』のが、公明党にしかできない大事な役割

3.「実感できる景気回復」

  • この20年間で初めての具体的な経済政策【アベノミクス】
  • わずか2年で民主党政権下と比べて株価は倍増。倒産件数は減少し、失業率も減少。就職率は上昇
  • そして、これから始まる【成長戦略】
  • 公明党は【地方創生】と、女性と若者が力を発揮できる環境作りを進める
  • 経済再生の恩恵が庶民の暮らしに届くまで。『実感できる景気回復』を公明党はめざす

4.「人が生きる、地方創生。」

  • 「自治体消滅」。昨年5月、「日本創成会議」が公表した将来推計は列島に衝撃
  • 2040年までに、全国の自治体の半数が将来的に消滅するリスク(約1700→約900)
  • 消滅リスクのある都市では、2010年から40年までの間で20代30代の若い女性が半減
  • 人口の急激な減少→労働力の減少や経済の鈍化→医療や介護など社会保障制度の崩壊と行政サービスの低下
  • 市民生活に甚大な影響。人口減少にどう向き合うかは自治体にとって重要な課題
  • 育児環境の整備や人口流出の防止も大事
  • 若い人や現役世代が自ら望む将来に自らの足で進んで行けること
  • 求められているのは経済の「明るい見通し」、地域の文化と特色を活かした産業とまちづくり、それぞれの地域で人材が活躍できる環境づくり
  • 公明党は全国3000名の議員ネットワークで、女性や若者が活躍できる「人が生きる、地方創生。」を目指す

5.統一地方選

  • この春には全国で統一地方選。愛媛県は県議選と新居浜市議選
  • 愛媛県会は松山市を中心に3名の議員が活動中
  • ささおか博之、木村ほまれ、中まさかつ

(1)「いのちを守る」ささおか博之

  • 愛媛県がん対策推進条例の制定
  • 難病相談支援センターの設立と充実
  • ドクターヘリの推進

(2)「県議会きってのアイデアマン」木村ほまれ

  • 瀬戸内しまのわ2014の開催、瀬戸内ブランドの推進
  • 防災士の育成や学校耐震化など、防災減災

(3)「次代を守り、育む」中まさかつ

  • 元PTA連合会会長の経験を活かし、交通安全対策や学校の防災対策を推進
  • 障がい者雇用の推進

2015年も、現場主義「小さな声を聴く力」公明党に、皆さまのあたたかいご支援を、よろしくお願い申し上げます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp