1/13.成人の日記念 公明党青年局街頭演説会in坊ちゃん広場前を開催しました。

今回は大変に有難いことに、青年党員の皆さんもともに。青年党員の司会、そして、ごあいさつ2題に続き、私もごあいさつ。

1.祝・成人!! ワカモノと政治

* 世界における成人年齢

  • 18歳が圧倒的に多い
  • 主要国首脳会議(サミット)参加8か国(フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ・ロシア)で、成年年齢を20歳としているのは日本だけ

* 20歳以上の人が行使可能な権利

  • 飲酒(未成年者飲酒禁止法第1条)
  • 喫煙(未成年者喫煙禁止法第1条)
  • 選挙権(公職選挙法第9条)

* 公明党は

  • 「18歳選挙権の導入」を提唱!!
  • ネット選挙解禁に大賛成!!
  • 自分たちのことは自分たちで決める、自分たちに近いところで決める。地域主権型道州制を推進!!

 

2.社会保障一体改革

* 二十歳になったら年金加入

  • 生活状況によって様々な取り扱いがあるので、詳しくは年金事務所へ

* 年金は保険料と公費(税金)で運用⇒未納は損

保険料未納は将来、年金をもらえない

年金はもらえないのに、税金を払って年金を支えている

未納は損

* 月10万円の世代間の仕送りの制度、支えあいの制度。年金不要の人とは、例えば年金がなくても

①  「自分が親に毎月10万仕送りできる人」
②  「自分の子どもから毎月10万仕送りがある人」
③  「先々、病気やケガで障がいを負っても、経済的に大丈夫な人」 など

*今の年金制度、破綻しません!!! 100年安心の年金制度

  • 100年後も存続するように公明党が制度設計

<厳しい前提でのシミュレーション>

①  平均余命:2050年までに男性が87歳、女性が92歳という前提
②  合計特殊出生率:2050年頃に少なくとも1.39を超なければならないという前提
③  経済成長率:GDPを厳しく低めに見積もって0.8%に設定

* 平成24年8月10日、3党合意に基づき「社会保障と税の一体改革関連法」が成立

  • 目的はこれからの社会保障の維持・拡充
  • 子育て3法、年金2法、税制2法、社会保障制度改革推進法の合計8法が成立
  • 「福祉といえば公明党」福祉の財源を熟慮

<公明党の尽力で、条件付きの消費税>

①    消費税の使途は社会保障に限定
②    税率引き上げ実施までに社会保障制度改革を推進
③    景気を回復
④    低所得者対策を実施
⑤    増税実施の時期は時の政権が判断

* 低所得者対策については、公明党は軽減税率(複数税率)の導入を求める

  • 1/11の自公両党税制協議会で一致
  • 「軽減税率」
    =米・卵などの食料品、生活必需品の税率は低く抑える
    =庶民の生活にわかりやすい
  • 軽減税率を求める560万人の署名。これが国民の声
  • 導入時期や導入品目は今後具体的に検討。庶民の暮らしを守るために、公明党は継続して取り組む

 

3.経済対策

* 社会保障の維持継続の面から言っても、真っ先に取り組むべきは景気・経済対策

* 2008年のリーマンショック以降、とりわけ若者の雇用は厳しい状況。公明党は緊急経済対策を盛り込んだ10兆円規模の補正予算を要求

<デフレ脱却のための3本柱>

①    金融緩和
②    需要創出
③    成長戦略

* 昨年2月、公明党は政府・日銀一体となった金融政策の強化を提言

  • ドルに対して円が高い=円高
  • 物に対してお金が高い=デフレ
  • お金が、円が動かない。経済が動かない。不況の原因
  • 解散前1ドル78円 →解散 →総選挙 →自公政権誕生後、1ドル88円
  • 輸出産業は大分助かる
  • 「景気」は「気」から。政治が決めれば、経済が動く

*一番大事な、国民の「いのちを守る」という需要
 =防災・減災対策
 =「防災・減災ニューディール」

①    老朽化する社会資本。コンクリートの寿命は50年

②    いつ起こるかわからない南海地震

* 「備えあれば憂いなし」

  • 災害に備えて、今は、「いのちを守る公共事業」にしっかり取り組むことが大事
  • 年10兆円、10年で100兆円の防災減災事業は、デフレ脱却の突破口
  • 国民の「いのちを守る」ためにどうしても必要な事業
  • 今回リベンジを果たした公明党太田議長が国土交通大臣に

ワカモノの活躍の場を、創り出す!
雇用がなければ福祉はありません! 福祉を支えるのは働く人です。
ならば、景気の回復はするしかない!!
防災・減災ニューディールで経済成長をさせる!!!
これが公明党の決断であり、決意

* 昨年末の衆議院総選挙、公明党は10議席増の31議席を獲得し、10名の新人議員が誕生

  • そのうち8名は30代、40代の青年議員であり、国際経験や行政経験が豊富な若者たち
  • 公明党は青年を先頭に、日本再建へ全力で取り組む

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp