2012.9.23(日) ③

9/21.市民福祉委員会審査。

公明党議員団の女性議員2名他が提出者となっている【松山市自殺対策基本条例】(議員提案条例)が、賛成4(反対2)で可決されました!!

まず、継続について、賛成2(反対4)で否決。
次に、修正案1件について、賛成2(反対4)で否決。
続いて、動議による修正案1件について、賛成4(反対2)で可決。
そして、原案について、賛成4(反対2)で可決。

審査で私が述べた意見等は、大要下記の通りです。
その他の審査内容については、「しつもんアーカイブ2012」をご覧ください☝

1.条例内容について

(1)自殺対策で大事な視点は、医療モデルだけではダメだということ。つまり、原因を当事者個人に求め、対応を治療に求めるだけでは不十分であるということ。

(2)当事者と環境、中でも周囲の態度、つまり、市民一人一人の態度、これらを包括して捉えることが大事。

(3)条例案は、環境を含め「人が生きることの全体像」をモデルにしたアプローチとなっており、市民にも分かりやすい平易な表現で、良いと思う。

2.早期採択について

(1)根拠法があると行政は動きやすい、動かざるを得ない。自治体独自の条例があることが、事業推進に極めて有効。

(2)条例制定が一日早ければ、それだけ、一日早く助かる人がいる。救われる命がある。

3.【愛媛県がん対策推進条例】 2010年3月に全会一致で可決、制定

・【がん対策基本法】が2007年4月1日施行。

・遅々として進まない本県がん対策に対し、四国がんセンターなど医療関係者や患者会から条例制定などの要望。

・「がんと診断されても安心して治療が受けられる」態勢づくりが急務。それ(がん施策)を推進するための条例が不可欠。

・県議会がん対策推進議員連盟で議員提案。2010年3月に全会一致で可決、制定。

・2010年度の県のがん対策予算は、09年度の2.3倍に増額され、がん対策が大きく前進、がん対策が進んだ。

・自殺対策の現状も似通っている。【自殺対策基本法】2006年制定。しかし、本市においては、庁内対策・ゲートキーパの普及・保健所の相談体制と取り組んではいるが、あえて厳しく言えば遅々として進まず。条例制定が一日早ければ、それだけ、一日早く助かる人がいる。救われる人がいる。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp