2012.4.10(火) ②

被災地の復旧・復興の大きな支障となっている震災がれき。当然、被災地では処理しきれない震災がれきの受入については、リスクマネジメント体制を整え、市民の安全を担保し、何より市民の同意を得て実施するのが大前提と考えます。

一方、被災地の再生のためにできること、すべきことは、したい。それが多くの市民の気持ちでもあると私は思います。

11:45.「震災がれきの処理をはじめとした東日本大震災の復興に関する緊急要望」を公明党松山市議団として野志松山市長に提出。

15:00.同要望書を公明党愛媛県本部として中村愛媛県知事に提出。
県庁では私が要望書を読み上げました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp