2011.7.28(木)

7/26(火)、第24回愛媛県市議会議員研修会に参加しました。

「巨大地震で問われる自治体と地域の防災・危機管理」と題して、防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏の講演を拝聴。
大変、示唆に富んでいましたのでメモを掲載します。

・自分の家族を守れないと防災はできない。
 公職の者は、後顧の憂いのないようにしておくことも務め。

・既往災害だけを基準に考えてはいけない。

・被災された方にかかわる者の「」が大事。

・「近助」の重要性。 (防災隣組、安否確認チーム)

・キーワードは「」 ①いのちの絆 ②家族の絆 ③地域の絆 ④広域自治体の絆

理解が進めば、防災が進む。

・記憶定着率は、聞く⇒10%
 書く・読み返す⇒45%
 整理する・教える⇒90%
 教えることで記憶は定着する。

・自治体と住民の役割分担を見直すこと。 住民自身が備えること。

・自治体の役目は“受け皿になる”ことではなく、“仕組みを作る”こと。

・従来の「ソフト・ハード」では不足。「ソフト・ハード+システムと人」

広域支援受入型の計画を作るべき。

実践的に。危機管理はリアリズム

・結果の重大性を基準に優先順位を。

不都合な真実にこそ目を向ける

・正しい知識・意識と繰り返し訓練。

・自治体などの装置は守られる所に。

・耐震性は建物の耐震性だけでなく、天井・窓など設備の耐震性を。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp