2011.6.16(木)

今定例会の補正予算案で、福祉系システム最適化事業が提案されています。
市電子行政課の汎用機で稼働している福祉系システムを標準パッケージへ再構築・スリム化するもの。
早速、昨日、電子行政課で電算室を視察しました。

市役所にこんな部屋があったのかと驚き。セキュリティ高! 撮影禁止!
担当課長にいろいろ伺いました。

 

<住基・福祉系電算>

・現在、汎用機2台。活用用、開発用。

・S52~稼働。

・汎用機はオリジナルで構築(松山市用)。

・外部接続せず。

・種々の発行物を印刷。 

Q1.職員にはSE経験者もいますか?

A1.3年前から民間SE経験者を雇用。

Q2.最近、自治体クラウドが言われていますが。

A2.比較的規模の小さい自治体でのクラウド化は聞くが、本市の場合、適当かどうか。

Q3.西宮の被災者支援システムは、もう見られましたか?

A3.存じてます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp