バックナンバー 2010年 11月

2010.11.13(土)

am.党県本部にて事務用務。

以下、よくある素朴な質問にお答えして、その2です。 あくまで、私の場合です。

Q.どんな相談をしたらいいですか?

A.市政に限らず、何でもご相談ください。

県政に関することは県議に、
国政に関することは国会議員と連携して、課題解決・要望実現に尽力いたします。

また、公明議員はそれぞれの道のスペシャリストとしての経歴と強みを持っており、
松山市公明党議員団8名がチームワークで働くとともに、
市町村を超えて横の連携でも仕事をして参ります。

 team3000! タテヨコ3,000人の議員ネットワーク明党の強みです。

また私自身は、行政・民間サービスをはじめ、多様な社会資源の活用を通じて、
障がいのある方の「はたらく」ことと「くらす」ことを支援してきましたが、その経験からも、
少なくとも、制度や資源の利用については「バッジがなくても仕事はできる」と思っています。

Q.どんな相談がありますか?

A.この半年の間に私に寄せられた市民相談数を表にしました。

2010年 訪問対話数 相談件数
5月 225 26
6月 85 17
7月 125 28
8月 190 10
9月 502 19
10月 184 24
1,311 124

※対話数は延べ数。
※相談件数は案件数。

内容としては、道路・下水など都市環境の整備に関するものも多いですが、
相談の約半分は生活相談です。
そして、生活相談のうち約半分が、年金・医療保険・公的扶助などの社会保障関係となっています。

2010.11.12(金)

今日はカーブミラー設置申請書を、代行して担当課に提出してきました。

様々な要望をいただいても、「基準に満たない」「非該当」などの理由で、行政が対応できないことがあります。
行政は官僚組織ですから、法や制度を厳正に運用するのが社会的な役目で、ある意味、融通が利かないのは仕方ないとして、
市民からは、“何らかの理由・ニーズ”があって要望があがってくるわけで、議員はそこに耳を傾けなくてはいけない思います。

カーブミラーの設置などにしても、以前は「基準を満たさず」に設置されなかったものが、
状況や制度が変わって、設置要件を満たしていることもあります。
今回の申請も、そういった事例でした。

話が大きくなりますが、時代・社会の変化に対応して制度を適正なものに変容させていくのは、議決権を付与された議員の重要な仕事だと自覚します。

 

夜は今月の支部会のご案内で、10件ほど訪問させていただきました。
党員の皆さまには、本当にお世話になります。

 

記事活用の効率なども考えて、都市の整備等に関することを「か~ぶみらー」のタイトルで括ることにしました。
もちろん、すべて一本化されるものでもありません。例えば、信号機設置などで県警の管轄のものは県議と連携して対応していきますので、タイトルは「team 3000☆ 動いてます!」も考えられます。記事内容の力点などでタイトル設定は変わってくると思いますので、予めご了承ください。

2010.11.11(木)

本日、愛媛県知事選がスタート。
松山市駅前で開催された、中村時広候補の出陣式に参列してきました。

中村氏推薦の公明党からは山本博司参議院議員笹岡県議・県代表が来賓として出席。

公明党青年局の代表2名も壇上のシュプレヒコールに加わり、中村候補は勢い良く選挙戦に突入しました。

2010.11.10(水)

私有地から庭木などの植物が繁茂して、近隣住民の生活に影響を与えていることがあります。

私有地所有者の管理に基づきますので、市政としての対応は困難。担当指導課が所有者に管理を催促するぐらいなもので…。

所有者と円滑な連絡を取れない状況にあると、事はなかなか進みません…

 

某所は無人の私邸で、庭木が繁茂して路上に被さり、電線を覆っていました。

 

町内会長を頼って相談。 

所有者快諾の下、個人に伐採していただき、昨日状況を確認してきました。

町内会長様、伐採に当たって下さった方、ありがとうございますm(__)m

2010.11.9(火)②

「健康教室」in中村4丁目に参加してきました。
講師は先日も講演していただいた、保健所の武田士郎理学療法士。

転倒して骨折する割合については、
50代は20%であるのに対して、
60代では60%と3倍になり、
80代では転倒は即骨折、そして、そのまま寝たきりになることが多いそうです。

質問コーナーでは、参加者の中から活発に質問がありました。 一例だけ掲載します。

Q.実は自分も脳梗塞をし、ようやくここまで回復したが、最近は足が上がりにくいのか、よく転ぶ
よく歩くようにしているが、これは体力が落ちているのだろうか?

A.加齢による自然な筋力低下はあり得ると思う。
詳しくは医師らとも相談してほしいが、杖など補助具の活用もいいかもしれない。

2010.11.9(火)

市内某小学校から国道バイパスに通ずる道路は1本しかありません。

バイパスに浸入するためには左折する以外になく、保護者から「右折も可能にならないか」との声がありました。

早速、【吉冨 → 笹岡県議 → 県警 → 国土交通省】の流れで要望。

結果的には、「右折事故のリスクが高いため、中央分離帯に切り込みを入れる予定はない」との見解で、本日、要望者に回答いたしました…

公明党team3000動いてます !

2010.11.7(日)②

pm.みんなの松山わいわいトーク「かしこい消費者になろう」in祇園に参加してきました。

講師に市民部/市民相談課/消費生活センター 前神千草 所長を招いて。
悪質商法の手口とその対処法を教えていただきました。悪質商法には次のようなものがあります。

催眠商法
巧みな勧誘で閉め切った会場に集められ、興奮状態の中で高価な商品などを売りつける。

不当・架空請求詐欺
はがき・電話・メールなどで不当・架空の請求がくる。
不用意に請求元に連絡すると、個人情報が漏えいされる心配あり。

利殖商法
不確実性の高い投資や資金の勧誘。

点検商法
無料点検と偽って家に上がりこみ、家に関する不安をあおって商品やサービスを契約させる。

健康商法
薬効をうたって健康食品や器具を売りつける。薬事法違反。

⑥ 送りつけ商法
勝手に商品が送られて来て、代金が徴収される。

対処としては、

① 簡単に「はい」と言わない。

② きっぱり断る。

③ 日頃から家族や友人、地域の人と会話する。

④ 困った時は、すぐに、早めに相談する。

せっかくなので、いろいろ聴いてみました。

Q.吉冨)不当な契約とならないために、「これだけはしてはいけない」ことがあれば、教えてください。

A.センター)書面を交わさなくても、互いの意思表示が明確であれば契約は成立する。
ただ、悪質商法の場合は“不意打ち性”や“押し売り性”などがあり、売り手と買い手の関係が対等ではないので、契約無効・クーリングオフなどの対処が可能なこともある。

注意しなければならないのは、“通販”や“ネットショッピング”は、商品を確認した上での買い手からのアプローチなので、クーリングオフは適用されない。

わいわいトークの後は、地域の歯科衛生士による歯磨き講習
歯磨きの際の“磨き粉”は、米粒の大きさほどでいいそうです!! とてもためになりました。

2010.11.7(日)

am.みんなの松山わいわいトーク「おしえて!みんなの国民年金」in今在家に参加してきました。

講師に国保年金課/上田課長と担当主査を招いて。
国民年金の概要説明の途中で中座させていただきました…もう少し聴きたかったのですが…(..)
「私は年金もらえるの?」 「どうしたら年金もらえるの?」 「いくらもらえるの?」といった質問事項が事前に挙がっていましたが、参加者の皆さん、納得されたでしょうか?

続いて、わいわいトーク「みんなの、わたしの、介護保険」in中村にも参加してきました。

講師に「松山市地域包括支援センター東・拓南」管理者 吉田秀志氏を招いて。
介護保険サービス利用の流れなど説明していただきました。
参加者の中から実例で相談・質問もあり、盛況でした。

せっかくなので、私もいくつか質問しました。

Q.吉冨)市内10カ所に、地域福祉の専門的な拠点として地域包括支援センターが設置されているが、地元拓南の包括支援センターは目に付きにくいので、分かりやすい表示をしたらどうでしょう?

A.包括)お金がないので、難しいです。現状は赤字。事業を続けるほど赤が増える状況です。

会終了後、当地域の課題委託費の不足・事務量の多さなどの実情を伺い、意見交換をしました。

2010.11.6(土)

「健康教室」in中村5丁目に参加してきました。
講師は保健所の武田士郎理学療法士。

この「健康教室」は
「介護保険の認定を受けていない65歳以上の方を対象に、運動指導や健康教育等を行うことで、健康を維持・増進し要介護状態になるのを予防」するために、保健所/健康づくり推進課で実施しているものです。

お題は「介護予防について ~転ばないための身体づくり~」

松山市は平成20年度で、
人口51万人65歳以上高齢者11万人要介護認定者2万人
 5人に1人が高齢者。 そして、25人に1人が要介護者

介護予防のポイントとして、次のことを話されました。

① 「脳卒中にならないようにしよう」

② 「出かけよう」
社会参加の低下、閉じこもりは心身機能の低下を招く。
外出は体と頭を活性化させる。

③ 「転ばないようにしよう」
交通事故死者数より  家庭内事故死者数の方が多い。

 ①~③のためには 「筋力トレーニングをしよう」

現在、公民館等市内41カ所でストレッチや筋力アップトレーニングを定期的に実施しているが、あいにく当地の教室は定員20名を満たしていて、新規参加はできない。

 

せっかくなので、いろいろ聴いてみましたので、参考までに…

○公民館等市内41カ所で実施している「健康教室」はリピータが多い。

○筋トレの効果が表れるまでに3カ月はかかる。 とりあえず、“歩く”だけでも良い。

○インフルエンザ予防接種が始まっているが、今年のワクチンは新型予防も含まれている。

○今季は、まだ市内発症事例はない。

2010.11.5(金)

今朝は久~しぶりに通学時の旗当番に立ってきました(^^)/~~~
保護者・また地域の皆さん、日々大変にありがとうございますm(__)m

現在、旗当番の輪番は登校日10日に1回ですが、地域は児童数も減っていて、数年先には5日に1回程度になる予測だとか。

私は6月の一般質問で、見守り活動の安定についての対策案を求め、一つの案として有償スタッフの配置などを提案しました。
関係部局からは、「現時点では有償スタッフの配置については考えておらず、MAC情報配信などを活用し、保護者をはじめ地域の方々や団体の無償の協力で、社会・地域全体で子どもを育んでいく」旨の答弁でした。

ちなみに、ここの横断旗は、当選前に私が要望して設置されました。
①電話でも構わないので、交通安全協会に要望すれば、
②協会で現地の状況を確認し、
③必要が認められれば設置
してくれます。

「いったい誰が、何のために、持っていくんだろう??」

と、FMのCMでも流れているように、日を経て旗がなくなっていることがありましたが、これも要請すればすぐに補充してくれました。

am.少時、市民会館で行われた「松山市小学校連合音楽会」に。毎年恒例で、市内各校が一学年ずつ参加しているようです。
ステージは教員の先生方の合唱しか見ることができませんでしたが、児童の皆さんのさわやかな歌声はロビーにも響き渡っていましたよ。
素晴らしい歌声を、ありがとう。

市民会館のある城山公園。ようやく整備も終わったようです。
都心のオアシスにも似た、ひろびろ自由空間。 とてもいいです。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp