2010.10.19.

AM産業・経済の21年度決算特別委員会を傍聴。

PM庁内で関係部局に種々具申。
「松山城に上るのに、ロープウェー代が500円、入城料500円で合計1,000円かかる。
観光都市を目指す松山にしては2人で2,000円、3人で3,000円は負担感が大きい」
との要望を担当課に伝え、各種のクーポン・割引を紹介いただきました。
夜、要望のあった方に回答を持って行きました。

 地域主権の機運が高まる中、先般、松山では全国でもいち早く「地域主権検討特別委員会」が設置され、議会改革に向けた取り組みが始まっています。ネーミングからは、議会改革に特化した委員会であることが伝わりにくいかもしれませんが…
 私も委員に加えていただいてます。

大きな変化の中で、特に経済における【中央集権≒護送船団≒中央突破】の方式が通用しなくなった。地力発揮の時!? 分業と統合を繰り返して社会は発展しているようです…
ただ、分権で大事なのは行政権限の移譲だけではなく、社会総体におけるパワーのシフトであると思うのです。6月議会での初質問の冒頭で私は「力は市民にあり知恵は現場にあるとの信念で働いて参ります」と述べましたが、力のある順位は

①  市民

②  市民に近い「地域」「自治体」

③  県・道州

であると考えます。

議会改革の論議についても、「力は市民にある」 ことと 「これからの地方自治のあるべき姿」を根本に見据えないと、見えないと思っています。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp