2010.10.12.

本日、HP公開となりました。

10:30より、郷土の偉人顕彰について、面談。私も昨日実地調査した状況を踏まえて。
埋もれても汚れても、「金は金」。しかしながら、掘り出す人がなければ、その輝きは知られないまま。私に何がお手伝いできるか、考えます。
道後の商店街入り口にある盲天外の碑。

森 盲天外 (1864~1934)
現松山市出身の地方政治家・運動家。
若くして県議会議員として活躍するが、両目を失明。失意の中で、一粒の米を手にして心眼を開く。著『一粒米』あり。
余土村村長・道後湯之町町長を歴任。
青年教育のため道後に「天心園」を開園。
私立松山盲唖学校設立。
正岡子規に師事し「天外」の号を受け、「盲天外」と称した。

こうなるとどこにあるのか分かりませんが、自分の処遇などお構いなしで、盲天外はほほ笑んでいるかもしれません。

昼。ご子息が松山在住の方から相談を受けた倉敷市議より電話連絡。後日連携予定。team3000発動!

夜。電話にて生活相談受け。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp