六高台地域で高齢者施設を開設している 社会福祉法人 気づき主催による キックオフミーティングに参加しました。

早稲田大学 都市・地域研究所 招聘研究員の岡田 昭人氏に「まちづくり市民事業による居場所づくり」と題して、ご講演いただきました。2つの事例を紹介いただき、勉強になりました。

さて、六実、六高台→6*6 の地域で何ができるか、何を必要としているか、9グループで話し合いました。

まちづくり→ 最初から大きな課題を掲げるのではなく、ワクワクしながら話し合う場を作り、そこから積み重ねていく手法で進めていくのはどうか。利用できるスペース、空き家の活用など、具体的な条件があると取り組みやすいのではないか。とグループで提案しました。

他のグループから、この地域は多くの団体が活動している、その横の連携がとれるよう核となる事務局が必要。地域の資源をマップに。具体的な 高齢者支援、宿題ができるスペース、男性の老後の過ごし方、相談窓口、障害者福祉作業所のアンテナショップ、情報発信の場などなど。

今後の取り組みに、全力で応援致します。 参加させていただき、ありがとうございました。

 

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m2o6r7o9@jcom.zaq.ne.jp