menu
バックナンバー 2020年 8月

みなさまこんにちは。
本日は松戸駅、八柱駅にて藤井県会議員、秋林県会議員と共に松戸市議団で終戦街頭演説を行いました。
本年は終戦75回目の節目を迎えました。
松戸市役所新館連絡通路にて、8月3日から8月14日まで平和パネル・ポスター展が開催されておりました。
ヒロシマの原爆写真パネルとともに、今年は知覧特攻平和会館からお借りした、松戸市出身の特攻隊員2名の遺書や写真が初めて展示されました。
今年3月の定例会の公明党の代表質問にて、このパネルを知覧特攻平和会館からお借りし展示できないか提案し、今回の実現となりました!
網代一(あじろはじめ)大尉が、特攻出撃の当日にお母様にあてた遺書の一部を紹介させていただきます。
~此度ハカラズモ大命を拝し、特別攻撃隊員の一員に選ばれました。
身の光栄と感泣しおる次第デス
二十有余年慈しみ下さいし 御恩の万分の一もおかえし出来ず先立つ不幸 幾重にもおわび申しあげます
いよいよ出撃です
必ず必ず大物を轟沈致します
戦果御待ち下さい
辞世の句
「大君の 御楯(みたて)と散って
かへり見ぬ 大和男子(やまとおのこ)の
花ぞ香ぐはし」
25歳の青年の、お母様に対する感謝の思いや出撃への決意に胸が痛みました。
戦争の残酷さを風化させてはいけません。
平和への誓いをあらたにしました。

 みなさま こんにちは。
今日は75年前に広島に原爆が投下された日です。
平和への祈りをささげてまいりたいと思います。
 現在松戸市役所新館通路にて、平和パネル展示が開催されています。
今年じゃ広島、長崎市の原爆パネルとともに、初出品として知覧特攻平和会館より貸し出しされた、松戸市出身の特攻隊員だった金子寅吉少尉、網代一大尉の写真や遺品が展示されています。
○網代一(あじろはじめ)大尉が、出撃当日にお母様にあてた遺書も展示されていました。
遺書の一部を紹介させていただきます。
~此度ハカラズモ大命を拝し、特別攻撃隊員の一員に選ばれました。
身の光栄と感泣致しおる次第デス
二十有余年慈み下さいし ご恩の万分の一もおかえし出来ず先立つ
不幸 幾重にもおわび申しあげます
いよいよ出撃です
必ず必ず大物を轟沈(ごうちん)致します
戦果御待ち下さい
  辞世の句
「大君の 御楯(みたて)と散って
かへり見ぬ 大和男子(やまとおのこ)の
花ぞ香ぐはし」
25歳の青年の、お母様に対する感謝の思いや出撃への決意に胸が痛みました。
戦争の残酷さを風化させてはいけない、平和への誓いをあらたにしました。
知覧特攻平和会館のパネルは撮影禁止なので、残念ながらご紹介できませんが、土日祝日を除く14日まで展示されています。
ぜひご覧になっていただきたいと思います。
★連日猛暑日が続いています。
熱中症に気をつけて今日も一日元気でお過ごしくださいね。

 みなさまこんにちは。
本日は臨時定例会が10時より開催となりました。
議案第25号令和2年度松戸市一般会計補正予算第6回が上程され、質疑のあと、総務財務常任委員会に付託となり委員会にて診査をし、全会一致で可決されました。
その後議会が再開され、委員長報告のあと、質疑、討論があり、公明党からは城所議員が代表して賛成討論を行いました。
 その後採決となり、賛成多数で可決となりました。
今回可決された事業は7つです。
★歳出予算 4億88748千円
①高齢者等抗原検査事業  2億350万円
65歳以上の高齢者や高齢者施設等の従業員で、不安を抱えている方に抗原検査の費用を助成
(5千円/人×40000人)
②介護施設等PCR検査事業 2567万円
行政検査によるPCR検査の対象とならなかった居住型の高齢者施設等の入居者等を対象にPCR検査を実施
(25千円×100人×10施設)
③ドライブスルー検査会場への搬送支援事業  558万円
PCR検査対象者で車による移動が出来ない方を対象に、飛沫循環抑制車両によりドライブスルー検査会場までの搬送を支援
④新型コロナウイルス感染症患者受入協力助成 1億5600万円
新型コロナウイルス感染症患者を受け入れた病院に対し、協力金を支給
(500千円・400千円・300千円)
⑤コロナウイルス検査機器導入支援  5000万円
自動PCR検査装置又は抗原検査装置を導入した市内の医療機関に対し、購入費用を助成
⑥オンライン診療等導入事業     3000万円
市内の医療機関、調剤薬局がオンライン診療やオンライン面会を導入した場合にその費用を助成
⑦救急搬送抗原検査事業       1800万円
発熱のある患者が救急搬送されてきた場合に、抗原検査を実施した市内の2次救急病院に対し、その費用を助成
(6千円×3000人)
★歳入予算 4億88748千円(財政調整基金繰入金)
○今回の新型コロナウイルス感染症対策は緊急性が高く、松戸市でも様々な対応を迅速にしていただいていることに感謝申しあげます。
私も市民のみなさまの命と生活を守るために、さらなる尽力をしてまいります!

@iwasemari
Twitter
サイト管理者
松戸市 岩瀬麻理