menu
バックナンバー 2021年 3月

今朝は「なのはなグループ鈴の会」の皆さんと、県道松戸鎌ヶ谷線の稔台駅付近で花植え活動に参加しました。
爽やかな陽気のもと、昨年末に植えたチューリップが綺麗な花を咲かせている横で、新たな花を植えました。土をいじるとなぜか癒しを感じるのは、私だけでしょうか。
通る人からも「綺麗になりますね」と声を掛けて頂き、心も軽く作業ができました。
植えた花々が通る人の目を、きっと楽しませてくれる事でしょう。20210327094717 20210327092256 20210327093208 20210327092038 20210327092120 20210327092402

松戸市議会は、3月23日に最終日をむかえ新年度予算案や一般議案などの採決を行い、閉会しました。

今回の大きな特徴は、新年度予算案の中で、市役所移転のための調査費用「市役所機能再編整備基本計画策定業務委託」3,000万円が計上されていましたが、残念ながらこれを削除することが提案され、賛成多数で削除されてしまいました。

私たち公明党は、この費用は重要であり削除すべきではないと主張しました。

 

 

この予算案の討論は私(伊東英一)が登壇して行いました。

ここで主張した内容は以下の通りです。(市役所問題部分のみ抜粋)

 

この費用は市役所が抱える課題などを整理し、「市民アンケート」や「市民ワークショップ」を行いながら、基本計画を策定しようとする予算です。

多くの議員がこの予算に限らず、折々にふれて「市民の声に耳を傾けるように」と主張しているのにも関わらず、「市民に耳を傾けようとしている」この予算に関しては削除しようとしていることに、理解ができません。

また、現在の市役所が、耐震性や老朽化の観点から、市民の皆さまや職員等の人命を脅かすだけでは無く、災害対応拠点としての役割が果たせない状況にあることを委員会の中でも指摘させて頂きました。

改めて申し上げますと、市役所庁舎本館と新館は耐震性が低いため、いわゆる包帯工法で柱の座屈を防ぐ対応により、建物内にいる人の命をかろうじて守れるだけであり、震災後の防災拠点とは成り得ません。

また非常用発電設備が賄える電力は基本的に別館のみであり、災害対応にはとても十分な電力とは言えない状況です。

さらに、3月13日に発生した豪雨により、市役所近辺が路面冠水し、市役所付近から松戸駅にかけては大渋滞が発生してしまいました。江戸川決壊時にどうなるのかとの議論の前に、日常の降雨に対しても、改めて課題があることが明らかとなりました。この時に市内で観測した総雨量は154ミリ、時間最大で56.5ミリでした。

この降雨量は日常的に起こり得る想定の範囲内であり、特別な事ではありません。

これらのことから、現市役所庁舎が災害対応に対して十分とは言えないのは明々白々であり、一日でも早く、移転建て替え場所を決定し、新庁舎を建設すべく着実な歩みを進めていかなければならないのです。

このためには、今回の施設整備業務にある「市役所機能再編整備基本計画策定業務委託」を着実に推進すべきであり、削除するべきではないと強く申し上げ「修正案」には「反対」といたします。

 

市役所移転問題は、松戸市の重要課題の一つです。

様々な考え方はあると思いますが、早急に決着をつけ着実に推進していけるよう、私たち公明党は全力で取り組んでまいります。

今日は市内小学校の卒業式。いつものように朝の見守りをしていると、毎日挨拶してくれる6年生が元気に声をかけてくれると共に「毎日ありがとう」とお礼の言葉を頂きました。

いいえ、こちらこそありがとうです。私が毎日みんなから元気をもらっていたんです。元気な笑顔にパワーをもらい、その日の活力としていました。

コロナさえなければ、私も卒業式に参列して証書授与を見守ることができたのに、人生の大きな節目に同席できなかったことが残念でなりません。特に地元で母校でもある松ヶ丘 小学校の6年生は、コロナで国会見学に行けなくなってしまったため、松戸市議会の議場に来てくれました。たまたま、市役所で事務作業をしていた私は見学に同行させてもらいました。その分、思い入れも深いです。

次のステップに向かってみんな頑張って!応援しています!

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!

 

DSC_0055

IMG_20210318_082041

 

3月13日午後、松戸市内では凄まじい豪雨が発生しました。
私の自宅前の側溝は、グレーチング部分から水が吹き出し、完全に排水が追い付かないため、溢れた水が道路を覆いつくしながら路面を流れ、道路を走っているのに川の中を走っているかのような、錯覚にとらわれました。

3月16日17時現在、松戸市が把握している被害状況は以下の通りです。
(16日になっても被害通報があり、被害の全体を把握するには、まだ時間が掛かる見込みです。次の情報が発表されましたらお伝えします)

①冠水:48件、
②床上・床下浸水:12件、
③総雨量:154.0ミリ
④時間最大雨量:56.5ミリ
⑤10分最大雨量:14ミリ
⑥最大瞬間風速:22.7m/s
⑦停電:馬橋地域(2時間程度で復旧)

写真は豪雨時の市内各地の様子です。(伊東が安全を確保しながら撮影しました)

 

 

IMG_4786 IMG_4692 IMG_4646 IMG_4539 IMG_4503 IMG_4366 IMG_4122 IMG_4090 IMG_4014 IMG_3961

(2021年3月11日付の公明新聞より)share (10)

 

 

 

 

東日本大震災から今日で10年が経ちました。あの日、私は午前中に第一中学校の卒業式に参列し、午後は市役所で平成23年度の予算審査に向けて、予算委員としての準備を進めているときに被災しました。

震度5弱、市役所の控室内でも大きな揺れが長く続き、ともかく恐ろしかったことを鮮明に覚えています。
この悲惨な自然災害を受け、災害対策を着実に進めていくために、これからも全力で取り組んで参ります。

ちなみに、10年後の今日、10年前と同様に新年度予算の予算委員として、明日からはじまる予算審査に向けて準備を進めています。

松戸市公明党では、災害対策の一つとして、防災倉庫の着実な配備を推進していますが、新年度予算では、市内小・中学校全65校へ防災倉庫の配備が来年3月までに完了できる予算案が提案されています。
この予算案が可決成立すれば、災害対策が大きく前進することとなります。
頑張ります!

今日、久々に松戸駅を通ると、以前の東西自由通路が工事で大きくふさがれ、通路幅が約2メートル程度に。
いよいよ松戸駅の改良工事が目に見える形ではじまりました。
現在の改札前の通路と東西自由通路を、真ん中の中央通路として大きくし配置し直し、この通路の両側に鉄道施設や商店を配置するものです。
工事看板によれば、現在の工事進捗率は8%。工事の完成は2027年春頃とのことです。
松戸駅が大きく生まれ変わろうとしています。
いいね!
コメントする
シェア
Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp