menu

松戸市とホワイトホース市(前ボックスヒル市)が姉妹都市を提携して40周年(正式には今年で41周年)となる記念式典が、松戸市の本会議場で行われました。

 

式典では初めに、和名ヶ谷中学校吹奏楽部による演奏が行われました。

続いて、本郷谷市長、田居議長、の挨拶があり、

ホワイトホース市側からは、ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使、マーク・レーン市長、ピーター・スミスCEO代理、トム・ソープ松戸市特別名誉市民挨拶と続きました。

その後、松戸名誉市民紹介、松戸市特別名誉市民表彰、メッセージ交換、姉妹都市宣言及び調印、が行われました。

 

式典は、スタートが和名ヶ谷中学校の素晴らしい演奏から始まったおかげもあり、終始和やかなムードで行われました。

松戸市名誉市民である山崎直子さんも参加されておりました。

世界平和と言っても、このような小さな交流の積み重ねが重要であると再認識させられました。

 

私の席からの写真では和名ヶ谷中学校の皆さんの背中しか撮れていないのが残念です。

 

式典の後、会場を松戸ビルディング20階のフロアに移してティーパーティーが行われ、英語の話せない私も交流に参加しました。

見晴らしの良い会場であったため、江戸川や松戸駅を見ながら説明し、カタコトの英単語を並べただけの会話でしたが、意外と通じました。正直ドキドキでした。

 

挨拶する本郷谷市長

 

 

 

 

 田居議長

 

 

 

 

 

ブルース・ミラー駐日オーストラリア大使

 

大使は駐日されていることから日本語が非常にお上手で、日本語と英語を交互に話され国籍に関係なく聴衆の全員を引きつけておられました。 

私からみると、母国語以外の言葉を話せるって素晴らしいです。 

 

 

マーク・レーン市長

 

 

 

 

 

 

ピーター・スミスCEO代理

 

 

 

 

 

トム・ソープ松戸市特別名誉市民

 

 

 

 

 

 

 

松戸市特別名誉市民表彰を受賞する皆さん 

 

 

 

 

 

姉妹都市宣言の調印書

 

 

 

 

 

 

松戸ビルから見た松戸市南側

右側が江戸川、左には常磐線。中央遠方には東京スカイツリーが見えます。

 

 

 

 

ティーパーティーで乾杯の発声を行う山沢副議長

 

 

 

 

 

  

積極的に交流を図る高橋議員(左側)

 

 

 

 

 

 

ホワイトホース市の方々と積極的に交流する公明党市議団

 

ボックスヒルの名称だったビルが無くなってしまい、残念がっていました。 

 

 

 

 

 

市内の説明をしている矢部議員(右側)

 

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp