サイト管理者
久留米市 田中功一
koichi.komei1410@vir.bbiq.jp

新型コロナウイルス感染症の第4波への対応として、政府は福岡県に「緊急事態宣言」を発令しました。今月12日から酒を提供する飲食店やカラオケ店への休業が要請され、それ以外の飲食店の営業時間も午後8時までに短縮されることになっています。その他にも様々な制限がかかることになっています。

久留米市議会としては、昨日「市議会災害連絡会議」を開催しました。しかし、当初「まん延防止等重点措置」の適用を要請していたうえでの対応としていた内容が「緊急事態宣言」の発令となり受けた報告も変更を余儀なくされることがあることが前提となっています。いずれにしても厳しい状況下であることは変わりません。

飲食店だけではなく、その他の事業所についても厳しい状況下が続いており、国、県へ支援策を強く要望してしていただきたいことと、市独自の支援策についても検討が必要であるとの意見を述べさせていただきました。

また、ワクチン接種の状況の説明がありました。接種予約が6日から始まりましたが電話がつながらないとの苦情を多く受けましたが、これについては、回線を更に増やすこととなっているそうです。予約開始初日はどうしても予約を早くしないとという気持ちが先立ち、一斉に電話などによる問い合わせが増えますが、ワクチンも随時供給されることとなっています。

今、久留米保健所をはじめコロナ対策に関する業務に従事されて職員は心身ともに一杯の状況で働いています。現在は他部署からの応援をいただきながら対応していますが、今後の状況では他団体からの応援をお願いすることも視野においていかなければと思います。

 

コメントは受付けていません。