昨年度には小中学校の体育館に涼風機を緊急に設置しましたが、近年の猛暑対策としてエアコンの必要性を要望し、今年度より計画的にエアコンを設置することとなりました。災害拠点となる小学校の体育館から年6校程度を順次整備することとなりました。その中の今年度整備が完了した国分小学校を視察し、エアコンの設置状況や、今年度より配備したプライベートテントの利便性についても確認させていただきました。
気候変動も重なり災害が多発する中、市民の生命と財産を守り、避難所で健康を阻害することのないよう、これからも環境整備に力を注いでまいります。
DSC_0025~2DSC_0026~2

コメント欄