バックナンバー: 2016年 6月 4日

本日は、水害が発生したことを想定しての水防訓練が江戸川河川敷で実施され、参加して参りました。
訓練では、越水時に作成する積み土のう・改良積み土のう各工法、および、漏水時に作成する月の輪・釜段各工法の作成を披露され、消防職員のみならず、インフラ整備協会と市職員の官民一体となっての合同訓練として行われました。
昨年9月には鬼怒川堤防決壊をはじめ甚大な被害が発生していることからも、これから梅雨を迎える備えとして、被害を最小限に防ぐ土嚢の活用について学んで来ました。
_20160604_153321
DSC_0315