IMG_2489

江東区北砂4丁目~北砂7丁目の丸八通りに設置されているに信号機について、地域住民の皆様の意向を十分に斟酌して、安全を確保した上で移設整備するよう要望してきましたが、今朝、木内良明 東京都議会議員とご一緒に、警視庁関係者に面会して改めて申し入れを行ってきました。

 

申し入れた要望書の内容(主旨)は次の通りです。

『北砂4丁目36番~北砂7丁目3番に現在設置されている信号機は、かつては横断歩道の隣接場所に公衆浴場が存在し、住民に親しまれて良く使われていましたが、現在では殆ど使用されなくなってきています。

今は、北側に位置する北砂7丁目の区道出口が地域住民の方々の主要な生活道路となっています。

 

地域住民の高齢化が進むなか、江東区内における平成26年交通事故死亡者数は11名にのぼり、東京都内の区市町村の中でワーストという状況にあります。

警視庁が進めている信号機バリアフリー化(青延長用押ボタン付き信号機、音響用信号機、ゆとり信号機など)安全な整備を行って、地域近隣の安全安心を確保しつつ、速やかに信号機を移設し横断歩道を整備していただくよう強く要望いたします。』

 27453-1

コメントは受付けていません。