バックナンバー 2015年 1月

IMG_2250

ご招待を受け午前中、蓮美幼児学園第2とよすナーサリーの第6回目の音楽発表会にうかがいました。

私立の認可園として素晴らしい保育・教育がなされています。

IMG_2251

1才から5才までの幼児達が、楽しくて元気な、歌、合奏、遊戯、劇などを披露してくれました。練習の成果もありとても上手です。

健やかに成長されています。

25801-1

IMG_1352

砂町中学校PTAのOB会である『砂中友和会新年会』に参加しました。

長い歴史を持ち、PTAと共に砂中生と砂中を応援する地域の教育団体です。

この様な団体は江東区には一つだけです。

世代も続き、大変仲が良く年に6回の定例的な行事があります。

カラオケで、私は西城秀樹の「ヤングマン♪」を元気いっぱいに歌わせて頂きました。

お開きでは、みんなで輪になって廻りながら『星影のワルツ』を歌うのが恒例です。(*^^*)♪

 

午前中、江東区の例月月例出納検査と委員協議を行いました。

会計管理室より方向区を受け、基金の預託先など幾つかの事項について意見交換、協議を行いました。

IMG_2236 私も長く住んでいたUR北砂5丁目団地にある「なでしこ幼稚園」の監査にうかがいました。 昭和53年創立の同園は、現在年少さんと、年長さんの2クラスです。施設の改修・保全も行われ4名の先生と4名の職員の方々により健全な幼児教育が行われています。 地域や父母の会もしっかりと支えてくれています。

IMG_2245  IMG_2248

 

幼稚園は給食が無くてお弁当なので、子ども達の野菜嫌いを無くすために、主事さんが頑張り周一回スープを用意するスープデーが好評です。 砂村囃子を教えてくれたり、FC東京の選手によるサッカー教室も子ども達に人気です。 とても良い幼稚園です。

  IMG_2239

IMG_2249

 

現在の社会環境を鑑みるとき、特色のある幼児教育や夕方頃までの保育時間の延長などが課題であると感じました。 IMG_2238

所属する医療・介護保険制度特別委員会が開催されました。

国民健康保険料の改定、特別養護老人ホームへの入所、第6期介護保険料の現時点での考え方など、3件の報告が江東区よりありました。

昨年末に山﨑江東区長に対して、『現在の経済状況は雇用情勢も改善されつつあるものの、増税後の実質賃金の落ち込みにより、日本の景気は弱含んで景気の持ち直しペースは緩慢または後退局面入りした可能性も指摘されています。その結果、本区においても区民生活に様々な影響が及んでいます。平成12年4月にスタートした介護保険は、3年ごとに介護保険事業計画や介護報酬の見直しが行なわれ、平成27年4月からはじまる第6期目計画の策定作業が行われています。介護保険料の設定に関して、介護保険給付費準備基金を活用するなどできる限り介護保険料の上昇を抑えるとともに、特に所得が少ない区民へ配慮した減免措置や段階設定をすべきと考えます。本区におかれましては特段の取り組みを行うよう強く要望いたします。』

と江東区議会公明党は要望しています。これを十分に配慮して江東区の計画は進んでいる現状の報告がありました。私からは質疑を行いました。

 

所属する厚生委員会が開かれました。

「江東区小名木川保育園の移転に伴う位置変更について」

「認可保育所保育料の見直しについて」

の2件の現状について江東区からの報告事項が議題です。

保育料の設定については、昨年末に江東区議会公明党として区長に

『現在、雇用・所得環境の改善傾向が続くと予想されるものの、物価の高騰などで今後の景気の下押しなどが危惧され、日々の暮らしのなかで景気の回復を実感するところまでは至っていません。

こうした状況のなか、子ども子育て新法により保育料算出基準が所得税から住民税に変わります。その影響で、過重な負担増が強いられる世帯が出てくることを懸念しています。本区の保育料の設定に関しては、きめ細やかな負担軽減策を実施するように求めます。』

と要望をしました。

これを斟酌し、江東区は一般会計から1億4千万円を負担して、きめ細やかな負担軽減策を実施していく予定です。

江東区学童少年軟式野球連盟の新年懇親会に参加させて頂きました。

IMG_1338

恒例のカローリング大会が開かれました。

IMG_1330

新年会では、私は委員の一人なのですが、ご配慮を頂き挨拶をさせて頂きました。

IMG_1327

午前中、昨年監査にも伺わせて頂いた『子育て支援おやこ』の30周年記念式典に参加させて頂きました。

大切な団体です。重要な取り組みです。応援していきたいと思います。

25823-1

25823-2

IMG_2213

○進んで学びくふうする子

○豊かな心を持ち助け合う子

○からだをきたえやりぬく子

を育てることを教育目標にした江東区立川南小学校の学校監査にうかがいました。

児童たちは時間を守ることが身についており、休み時間は元気に校庭で遊んでいますが、チャイムが鳴る前には教室にいます。

朝マラソン、朝読書を実施している同校は、本年度の東京都教育委員会の『言語能力向上拠点校』であり話す力、聞く力の向上に努めています。

IMG_2212

 

併設の江東区立川南幼稚園は、オリンピック教育園、コーディネーショントレーニング実践体験園であり、保護者のバックアップ、地域との交流も豊かです。近隣の千田保育園との連携、大江戸高校の生徒の毎月一回の来訪もあり、年に6回の年長児の木工活動など子どもたちは「赤いベレー・グレーのズボン」で元気いっぱいです。

 

IMG_2208