納税困窮者に寄り添う地方税制。
区内木造住宅密集地域での着実な不燃化の推進。
産前産後ケア・切れ目のない支援。
高齢者支援策、交通安全対策の拡充を

 

 

質問1、平成26年度決算と財政運営について

1.決算の評価について伺う総合的な福祉の推進について

答弁・防災対策など喫緊の課題に的確に対応したと考えている。

 

2.プレミアム付き商品券の販売・運営状況と今後の課題は

答弁・防災対策など喫緊の課題に的確に対応したと考えている。

 

3.区長期計画後期をふまえ来年度予算をいかに展開するのか

答弁・積極果敢な区政を確実に推進させる予算としていく。

【江東区長 答弁】

 

質問2、納税困窮者に寄り添う地方税の在り方について

1.来年4月からの地方税制改正、換価(かんか)の猶予(ゆうよ)の特例の認識は

答弁・納税者の負担軽減を図ると共に、的確な納税履行と納税意欲の継続に資すると認識している。

 

2.施行を半年後に控えた条例化の準備状況と諸規定の見解は

答弁・条例化の検討を進めている。

 

3.納税困窮者に寄り添う視点で徴収事務の改善を図っていく。

答弁・納税困窮者に寄り添う視点で徴収事務の改善を図っていく。

【江東区長 答弁】

 

質問3、北砂地区不燃化の進展と木密他地域の不燃化推進

1.北砂地区の不燃化前進の実績と今後の課題、評価と見通し等を伺う。新たな施策展開も必要と考えるが見解はどうか
答弁・実績は出ているが今後も周知に務め、先進的手法も検討していく。更に効果的な施策の検討も必要と考えている。

 

2.まちづくり懇談会の今後について、より住民主体の組織・形を作り上げていくべきでは

答弁・行政主導から住民主体のまちづくりへ、地域の声を更に施策へ反映できるよう検討していく。

 

3.区内で危険度の高い他の地域へも不燃化事業の展開をすべきと訴えるが区の見解は

答弁・他地区に対しても北砂地区の実績や効果を分析し、効果的な案の事業展開を検討していく。

 

【都市整備部長 答弁】

 

質問4、妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援ついて

1.出産・子育て応援「ゆりかご・とうきょう」、江東区版ネウボラ事業を早期に実施すべき
(ア)事業の評価と認識、実施に向けた検討状況を伺う

(イ)育児パッケージに産後検診の受診券を企図すべきでは

答弁・

(ア) 子育て支援施策を拡充する事業だと認識している。現在、関係機関との調整を進めている。
(イ)妊娠期から産後に必要な親子へのきめ細やかな支援の充実に資するよう検討している。

2.産後ケアについて
(ア)区民ニーズをいかに把握し、今後どの様な産後サービスが必要と認識しているのか
(イ)本事業を実施し、産科医療機関や助産院等とも連携して、積極的に切れ目のない支援を行うべきだが見解を伺う

答弁・

(ア) 調査で把握したニーズを踏まえ区民の希望に沿った産後サービス実現へ鋭意検討を進めていく。
(イ)来年度に向けて「ゆりかご事業」を構築し、妊娠・出産期からの切れ目のない区民への支援を充実させていく。

 

【江東区長 答弁】

 

質問5、高齢者支援について

1.全体で支え合う地域包括ケアシステム構築、介護予防・日常生活の総合支援、移動支援、見守り支援、高齢者への生活情報提供体制の構築を伺う

答弁・地域包括ケアシステム構築へ医療と介護が連携し支える連携会議や相談窓口を設置。総合事業は区内全域でサービス事業者を確保する。サロン活動や見守り活動の充実、生活情報取得への環境整備も進めていく。

【福祉部長 答弁】

 

質問6、交通安全対策について

 

1.子どもと高齢者の交通事故防止への対策状況はどうか 

答弁・子どもと高齢者の交通事故防止への対策状況はどうか

 

2.子どもと高齢者の交通事故防止への対策状況はどうか 

答弁・年度内に自転車利用環境推進方針を策定し事故防止を図る。

 

3.学校通学路の安全点検実施を 

答弁・連絡会を設置し通学路交通安全プログラムを策定する。

 

4.懸案か所の安全対策状況は

答弁・各所具体的に進展しており、貨物車対策やバリアフリー信号機推進を含め関係機関との連携を強化して交通安全対策に努める。

 

【土木部長 答弁】

 

H27-3