カテゴリー(街頭演説)

令和3年1月4日(日)午前10時~小平市内を市議会公明党議員団で「新春街頭演説」を公明党の提言が随所に反映された政府の「第3次補正予算案」「令和3年度の本予算案」「税制改正法案」を中心にお訴えいたしました。本年も市民の皆様の「お声」を「カタチ」にできる政治を前に進めて参ります。(写真:1月4日の様子。小平市役所玄関→庁舎から望む富士山→街頭演説)771780784789

令和2年12月10日(木)午前6時30分~小平市議会公明党議員団で西武多摩湖線一橋学園駅南口の駅頭挨拶から出発いたしました。多摩湖線の電車の発着の度に、賑わう駅です。多くの市民の方から励ましを頂きました。今日も一日頑張ってまいります。(写真:虻川議員、山岸議員、幸田議員と共に)025027023

令和2年12月7日(月)午前6時30分から西武線小川駅西口にて小平市議団で、tokyokomei、こだいら公明党ニュースをお渡ししながらご挨拶させて頂きました。多くの市民の皆様から励ましもいただきました。週のスタートです。1週間頑張ってまいります。(写真:山岸議員、幸田議員と共に)006009013

令和2年10月5日(月)午後、小平市議会公明党議員団で小平市内で「街頭演説」を実施いたしました。当日は、9月15日に連立政権として政権合意した9項目をはじめ、市議会公明党として感染拡大防止と社会・経済活動との両立を進めるため市長あてに5回に及ぶ「緊急要望」を行ったことを中心にご報告いたしました。当日は市民の皆様から、あたたかいご声援を頂きました。頑張ってまいります。(写真:当日の様子)017

8月15日(土)、75回目の終戦記念日に小平市市議会公明党議員団で「平和への誓い」を胸に市内で街頭演説を行いました。戦争や核兵器に加え、新型コロナウイルスなどの感染症や気候変動といった「人類の脅威」を乗り越えるには、対話による国際協調を促進し「人間の安全保障」を具体的に実現していかなければならないとお訴え致しました。小平市内も本日はこの夏一番の暑さとなり、気温も37.5度まで上昇。多くの市民の皆様から励ましもいただきました。ありがとうございました。(写真:当日の様子→市役所前から出発)002003049

令和2年7月27日(月)午後、小平市議会公明党議員団で市内で街頭演説を実施いたしました。国会での党の報告を中心にお訴えいたしました。①6月17日に閉会した通常国会では、2度にわたって令和2年度の補正予算を成立させるなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や雇用・生活維持のための施策の策定、充実に尽力してきたこと。②中でも、公明党の強い主張により一人一律10万円の特別定額給付金の実現。また雇用維持のための雇用調整助成金の拡充、医療従事者等への慰労金の支給。困窮学生支援などを後押ししてきた実績を中心にお訴え致しました。8月3日には小平市でも臨時議会が開催され国や都の補正予算を活用した令和2年度補正予算の審議に臨みます。困っている人に支援が届くよう働いてまいります。(写真:7月27日の様子)021028

令和2年2月20日(木)10時~小平市議会公明党議員団で市内各地で「街頭演説」を実施いたしました。主に訴えた内容は、現在発生している、新型コロナウイルスに対する一人ひとりができる冷静な適切な対応(うがい、手洗い、咳エチケット等)と国の令和2年度の予算案に公明党の主張が盛り込まれた点を中心にお訴えいたしました。(写真:当日の様子)008010

令和2年1月6日(月)午前9時30分より、会派への議案説明あり。その後、市議会公明党議員団にて、小平市内を新春のご挨拶を兼ねて遊説を実施致しました。多くの市民の方から励ましを頂きました。本年も市民の皆様の「声をカタチ」に変える政治を前に進めて参ります。何卒宜しくお願い致します。005006002

令和元年7月8日(月)18時45分~花小金井駅北口にて、参議院東京都選挙区候補、公明党公認「山口なつお」街頭演説会を盛大に開催いたしました。駆け付けた高木陽介衆議院議員から①「政治の安定」を築く公明党②「小さな声を聴く力」の公明党③「政策実現力」ある公明党について力強くお訴えいたしました。どうか皆様のご支援を東京選挙区は「山口なつお」比例区には「公明党」に賜りますよう心よりお願い申し上げます。(写真:7月8日の花小金井駅北口の様子)009012029

令和元年7月2日(火)午前7時~昨日に引き続き小雨降る中、東大和市駅頭にて「公明党」の街頭演説を行いました。参議院東京選挙区に公明党として擁立する「山口なつお」党代表の実績を中心にアピールさせて頂きました。①連立政権の要として生活者目線の政治を前へ進めた教育負担の軽減の取り組み。具体的には、幼児教育・保育、私立高校、大学など高等教育の「3つの無償化」をリード。来年4月には全国展開される私立高校の授業料実質無償化は安倍首相に直談判し、制度創設へと導いた内容を中心にお訴えをいたしました。(写真:7月2日(火)東大和市駅の様子)007009

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp