カテゴリー(活動報告)

令和2年6月29日(月)午前10時30分~小平市議会公明党議員団6名で市の中央体育館と小平元気村おがわ東の「防災備蓄倉庫」を視察致しました。感染症予防対策後の災害時の避難所の収容人数も従来計画の約3割規模となることから、自宅・親戚等での分散避難をはじめ在宅での備えもますます重要になってきます。市の倉庫で備蓄するものと民間事業者と提携し災害時に供給を受けるものを確認いたしました。今後、各避難所運営マニュアルの見直しと全避難所での早期策定が求められます。また本日ご説明を頂きました市の防災危機管理課の職員の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:中央体育館と小平元気村おがわ東の様子)

019025057033052038047

令和2年6月24日(水)午前、小平小川町1-3020-8に完成した「日中サービス支援型グループホームやえざくら」を小平市議会公明党議員団6名で視察させて頂きました。日中サービス支援型のグループホームとしては都内で2例目とのこと。男性8人、女性8人を本年8月より順次受け入れを開始されるとのこと。施設はH型の平屋造り。それぞれの棟には35.7畳の居間兼食堂があり、ゆっくりとした時間の中で日常生活が送れる様、配慮されています。末永く地域の支援拠点であり続けて欲しいと願います。今後も地域の担当議員として見守ってまいります。本日は受け入れ頂きありがとうございました。(写真:当日の様子)018013035011029006023

小平市の「特別定額給付金」が「いつ頃の支給となるのか」とのお問い合わせを多く頂いております。小平市役所のホームページに支給予定状況がアップされていますのでご確認ください003 http://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/082/082381.html

 

令和2年6月18日(木)午前9時~小平市議会「公共施設マネジメント調査特別委員会」が開催されました。幾つかの調査項目に中で特に調査時間を費やした項目は「小川駅西口の再開発ビル」に入る「公共床の基本設計レイアウト(案)」についてでした。現在レイアウト(案)に対する意見募集が始まっています。今後の市の流れとして本年8月にワークショップ、利用者・利用団体のヒアリング。10月オープンハウス。10月末基本設計書の完成と進んでいきます。詳細は市のホームページにてご確認ください。(意見募集のホームページ→ https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/ )

令和2年6月18日(木)小平市長に小平市議会公明党として「新型コロナウイルス感染拡大」に伴う4回目の緊急要望を行いました。①市報のコロナ臨時特集号の発行②給付金等の直接支援策③子育て支援関連④健康施策⑤避難所関連⑥学校関連の分野別に計24項目の要望を行いました。要望の実現に向けて取り組んでまいります。CCI_000007CCI_000008

小平市立図書館8館(3つの分室は除く)で令和2年6月3日(水)~8日(月)までの期間、12時~17時の時間帯で本年3月2日までに予約した「本の貸し出しサービス」が館内を閉館し感染症対策を実施した上で行われています。私は本年6月3日の市議会定例会にて「市立図書館での感染症予防対策と臨時休館日での本の貸し出し体制の実現を目指して」と題し一般質問を行いました。この6日間の取り組みは第2波、第3波が来襲した場合に備え、図書館の休館要請があっても「閉館したままの状態」で「本の貸し出しサービス」ができる「実証実験」だと訴えました。6月9日(火)から中央図書館と7つの地区館(3分室を除く)が再オープンします。新しい日常に向けた第一歩となります。奮闘される職員の皆様の労に感謝申し上げます。(写真:6月6日の中央図書館と小川町1丁目にある上宿図書館の様子)016017011013014075068

令和2年6月3日(水)小平市議会定例会にて市民の皆様から頂いた要望の実現を目指し以下の一般質問を行いました。

1件目 次期小平市高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画に感染症対策を盛り込むべきだ

次期小平市地域包括ケア推進計画(小平市高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画)(以下次期計画)の策定のためのアンケート調査を、市は昨年の11月22日から12月20日の期間実施致しました。このアンケート結果は次期計画の大きな指標となると考えます。しかしながら今回の新型コロナウイルス感染症(以下感染症)が流行する前のアンケートとなっており、感染症拡大防止のための課題把握と必要な支援策の立案には、再度の緊急のアンケート調査か介護事業者等からの充分なヒアリングも含めた対応が必要と考えます。次期計画には、感染症対策の課題と対策も盛り込むべきと考え以下質問致します。

1 次期計画の策定にあたり、 感染症拡大防止の課題把握と必要な対策の立案のため、再度のアンケートもしくは介護事業者等への充分なヒアリングが必要と考えるが市の見解を伺う。

2 感染症拡大防止のため介護事業所でのデイサービス等が縮小されている現実があります。デイサービスを補完する訪問サービスを、より積極的に出来る様、市として国の交付金、都の補助金等を活用し訪問に必要な車両の購入費やリース料金・燃料費の補助等の支援策を講じるべきと考えるが市の見解を伺う。

3 今回のアンケート調査の中で在宅サービス利用者に対して主に介護している方が「困っていることは何ですか」との質問に対する回答として上位から①介護者自身の健康に不安がある②体力的につらい③緊急時の対応に不安がある④代わりを頼める人がいない⑤精神的につらい。とありました。このことは、今回の感染症にもし自分が感染したら、誰が一体、家族の面倒をみてくれるのか。ということにつながると考えます。こうした幾つかのケースを事前に想定し医療・介護を含めた関係機関の連携の中で検討し次期計画の中に示しておくことは、介護保険者としての市の役割だと考えるが見解を伺う。

2件目 市立図書館での感染症予防対策と臨時休館日での本の貸出し体制の実現を目指して

本年3月2日(月)より新型コロナウイルス感染症(以下感染症)拡大防止のため、中央図書館をはじめ7つの地区館・3分室の計11ヶ所を全館休館(3月下旬に半日のみ貸出しサービスのみを実施)措置とし図書の返却のみのサービス対応となっています。休館中「せめて現行のWEB予約システムでの図書の貸出しサービスだけでもできないか」との多くの市民の皆様からのお声を頂きましたので、臨時休館日での本の貸出し体制の実現を目指し以下質問いたします。

1 3月2日以降、図書館の休館中、市民ニーズを受けて、WEB予約システムでの本の貸出しが実施出来ないか検討したことはあるか。

2 感染症拡大防止対策として密閉・密集・密接を意識した3密対策の取組として具体的には、受付カウンターでのビニールカーテンの設置、出入口での消毒体制、椅子の削減などを含めたレイアウトの見直し。換気対策また返却本の消毒と本の貸出し体制、ソーシャルディスタンスの確保。滞留時間の短時間化。人数制限の実施等の市の取組状況を伺う。

3 今後の感染症の第2波、第3波の影響で、東京都から図書館の休館要請があった場合の市の対応として、休館時でも本の貸出し体制を実現すべく、現状のWEB予約システムの活用、貸出しBOXの設置または宅配サービスの導入等の実施で、既に取組を先行して開始した荒川区、江戸川区、港区の例も参考に実現すべきと考えるが市の見解を伺う。(写真は6月3日より予約本の貸し出しが始まった中央図書館の様子。6月6日撮影)016017011

国の緊急事態宣言の解除を受け、令和2年6月1日(月)より小平市立の全小・中学校の教育活動が再開されました。登校時はあいにくの雨となりましたが、小平第十二小学校の南側の小平都市計画道路3・4・23号線の丁字路にて児童・生徒を見守りました。登校はクラスを二つに分けての分散登校。午前は8時10分~15分、午後は12時10分から15分と伺いました。保護者の立ち番にプラスして学校を支えて頂いているボランティアの皆様の献身に感謝申し上げます。本当にお世話になります。(写真:朝の丁字路の様子、終了後の自宅前にて)005006007

令和2年5月27日(水)小平市発表の「小平市立図書館」のサービス開始の予定状況となります。市のホームページよりご確認願います。https://library.kodaira.ed.jp/

「小平市特別定額給付金」5月11日までのオンライン申請分の給付が、本日(5月27日)より開始されました。「口座に入金され本当に助かります」との喜びの声を複数頂きました。対応して頂いている関係者の皆様の労に感謝申し上げます。ありがとうございます。小平市特別定額給付金の最新情報→https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/082/082381.html

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp