カテゴリー(実績)

平成31年3月市議会定例会一般質問にて「中島町東公園」周辺の交通安全対策を取り上げました。令和元年7月には同公園の東側道路にゼブラゾーンの路面表示が行われ、今回「公園あり飛び出し注意!」の注意喚起看板の設置を現地で確認いたしました。担当課の対応に感謝申し上げます。(写真:令和元年7月19日のゼブラゾーンの様子とその先には看板の設置なし。令和2年8月29日看板設置の様子)004022025

令和2年8月29日(土)市内の挨拶まわりの最中、中島町の市道「松の木通り」に木の切り株が残っており「自転車等の夜間走行時に、気づかずぶつかると危ない」と考え、31日(月)に市の担当課に連絡。9月12日(土)切り株の除去と道路修繕が実施されていることを現地で確認致しました。市の方では、連絡を受けた後、現地を確認し即対応して頂いたのですが、私の現地確認と紹介に少し時間を要しました。ご対応いただきました市の職員の皆様に感謝申し上げます。今後も地域の様子を見守ってまいります。(写真:8月29日の様子、9月12日の現地の様子)046047005003

令和2年8月26日(水)午前中、地域挨拶回りの中で市内上水新町2丁目にかかる「寺橋」南西側の緑道の除草作業が実施されていることを現地で確認致しました。7月29日に橋の南東側の除草作業が終わり、希少動物保護の関係で時期を変更しての実施となりました。「寺橋」から出てくる自転車の発見が玉川上水通りを走るドライバーからもよく確認できるようになりました。対応頂きました都の委託事業者である、西武・武蔵野パートナーズ社の協力に感謝申し上げます。この場所は昨年10月2日に橋から飛び出してきた自転車と玉川上水通りを走行する車との接触事故のあった現場です。今後とも見守ってまいります。また本内容は本年8月2日付の当ブログに詳述しております。(写真:8月26日撮影、除草作業が行われた寺橋の南西側の様子)016017015

令和2年8月中旬、市内上水新町1丁目15番地にある「くぬぎ公園」北側の「20キロ」の指定速度を示す交通標識が「公園の樹木の繁茂で見えにくい状態なっている」とのお声を頂く。早速現地を確認後、同公園の管理をアダプト(公園の里親)制度として市に登録して担って頂いている団体に樹木のせん定を依頼したところ速やかに対応頂きました。日々の公園の清掃活動に感謝するとともに速やかなご対応に御礼申し上げます。この西120メートル先には、平成27年には、交通死亡事故も発生した東小川橋の丁字路があり、ドライバーの皆さんには指定速度の遵守をお願いします。(写真:せん定以前の状態、8月20せん定後の状態→見えるようになりました)001031

令和2年8月6日(木)から武蔵野美術大学に隣接した「小平都市計画道路3・3・3号線」の中央分離帯部分の大学北門より西側部分の除草作業が昨年より約2週間早く始まりました。雑草の繁茂でドライバーから「横断歩道を渡る歩行者が見えにくい」また小中学校の保護者からは「新学期が例年より1週間早く始まる。通学路にもなっているので除草を早くして欲しい」との声を頂いておりました。市の道路課に当該場所の除草作業の前倒し実施を要望しておりました。(写真:除草前→7月31日の現地の様子、猛暑の中での除草作業→8月7日の様子)011007010

平成31年4月1日から小平市においても、家庭ごみの有料化・戸別収集(戸建住宅)が開始され、住宅に隣接した未使用となった「ごみ集積所」については、隣接する住宅の持ち主の方に買い取って頂く方向で多くの契約が成立しましたが、農地に隣接した「ごみ集積所」については、農家の方との交渉がなかなか進捗していない現状があります。小川1丁目の区画整理事業内の敷地内には50ヶ所を超える「ごみ集積所」があります。その中で土が堆積し草が繁茂しているような不衛生な状態もあり、現地調査の上、市の資源循環課に相談をしておりました。今回、土が多く堆積していた「ごみ集積所」を一斉に適正な状態に市の担当課にて措置して頂きました。今後の様子を見守ってまいります。(写真:本年6月24日以前の状態、8月5日、土除去後の現地の様子)001003

平成30年12月小平市議会定例会にて小平都市計画道路3・3・3号線の武蔵野美術大学北門前の中央分離帯部分の適正管理を目指し「防草シート」の実証実験の市の取組み状況の評価と今後の対応について一般質問を致しました。市からは「平成29年11月より実証実験開始から概ね1年を経過して雑草は生えておらず、一定の評価をしている」との答弁がありました。道路の近隣で農業を営む農家の方からは「雑草の種が畑に飛んできて苦慮している。適正な管理をして欲しい。」とのお声を頂いておりました。本年7月27日(月)より防草シートの敷設延長作業がはじまり、同31日(金)に東に約50メートルの中央分離帯区画に敷設されたことを確認いたしました。実証実験にご協力頂いている事業者の皆様。また道路管理者である市の道路課の対応に感謝申し上げます。今後、残り約70メートルの東側中央分離帯ブロックにも延伸設置される予定と伺っております。今後の状況を見守って参ります。(写真:令和2年5月24日の現地の様子、本年7月31日の様子)018021008007


令和元年10月2日、小平市上水新町2丁目にある玉川上水にかかる「寺橋」から玉川上水通りに飛び出した自転車と玉川上水通りを走る車両との接触事故の発生を受け、本年6月の小平市議会定例会で「寺橋」周辺の交通安全対策を一般質問いたしました。玉川上水通りの指定速度「20」の路面表示を橋の東西に行うべきと主張し道路・交通管理者とも調整してまいりましたが、表示の目途も立たず悩んでおりましたところ「もう一度現場に立ってみよう」と考え、雨の降る7月18日(土)午前、事故現場に立ちました。すると玉川上水緑道に繁茂している雑草で東から西に走る車両から、橋があることも分かりずらくなっている状況を確認。「そうだまずこの繁茂している雑草を除草してもらおう」と考え東京都が管理を委託している事業者に直接相談。当該場所周辺に生息している稀少動物保護の関係で環境団体との取り決めもあり、本来であれば9月以降の除草作業となるところを調整して頂き、前倒しして7月29日(水)に実施して頂きました。次は橋の西側の除草を現在調整しております。夏は冬と違い草木の繁茂で視界が遮られます。まずは一歩前進です。(写真:7月18日の現地の様子、7月29日除草作業後の様子)016010033052047

小さなことも見逃しません!危ないを安全に!令和2年7月18日(土)午前、市民相談の帰り道に、小川西町2丁目都営住宅1号棟の西側道路で仕切りのブロックが浮いて危険な状態になっていることを確認。20日(月)に当該道路の管理をしている住宅供給公社の小平窓口に連絡し修繕を依頼。その後現地の様子を見守り7月31日に現地にて修繕が実施されていることを確認いたしました。公社の迅速な対応に感謝いたします。(写真:7月18日発見時の様子→連絡後、公社にて工事終了までの期間カラーコーンを設置→修理が完了)005003019

令和2年7月13日(月)小平市小川西町2丁目在住の市民の方から「都の職員小平住宅の敷地内の草木の繁茂が激しく、都営住宅の敷地内にも伸びてきている。除草してもらいたい」との要望を頂く。現地確認後、都の担当局に相談したところ敷地内の除草作業が20日から22日の3日間かけて実施されたことを確認いたしました。当該職員住宅は1号棟から4号棟までありますが、入居は現在2号と3号棟のみ。今後の利活用については、都で協議中とのこと。今後も様子を見守ってまいります。(写真:7月13日の様子、7月23日除草後の様子)015007009005010

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp