バックナンバー 2020年 11月

令和2年11月25日(水)小平市議会定例会にて、日頃より地域からいただいている要望を含めて、以下3問の一般質問を行いました。

質問件名 さらなる交通安全対策の推進と南西部地域の交通利便性の向上を目指して

市民の皆さまから日頃より頂いている「声」をもとに、さらなる交通安全対策の推進と南西部地域の交通利便性の向上を目指し、以下質問致します。

1 栄町を通るけやき通りを東大和市方面から小平市内に南進してくる車両で、青梅街道への抜け道として栄町交差点を西に右折し栄町1丁目に進入してくる車両のスピードが速く、とても危険だとの近隣住民の方からの声を頂いています。栄町1丁目20番地の野火止菜園から南の栄町通りまでと、西はぐみくぼ公園から東のけやき通りまでのエリアに「ゾーン30」の設定を交通管理者と協議し進めるべきと考えるが市の見解を伺う。

2 市立小学校の通学時の交通安全対策として、小学校単位で様々工夫協議され、保護者を中心に地域の皆様のご協力を頂きながら通学時の安全確保に向けた立ち番等の対応を実施されていますが、安全対策が手薄となる、下校時の低学年の通学路の交通安全対策と防犯力強化の視点から近隣市でも実施しているシルバー人材センターへの立ち番の一部委託も含めて検討すべきと考えるが市の見解を伺う。

3 本年度の市立小学校における「交通安全教室」の開催状況は。また学校から保護者に対して児童の自転車安全利用に向けての「学校通知」を発信し注意喚起すべきと考えるが、現在の状況と市の見解を伺う。

4 コミュニティタクシー鷹の台駅西側ルート第2期実証実験運行の再運行が10月26日より開始されました。本年1月14日から始まった第2期の実証実験もコロナ禍の影響で、5月8日までの運行で一旦中止となりましたが、市の担当課、南西部地域コミュニティタクシーを考える会、運行事業者のご尽力で再開にたどりつきました。今後の試行運行へ向けての現状の課題と今後の対策について市の見解を伺う。

質問件名 高齢者・障がい者・認知症の人がいつまでも住み続けたいまち小平を目指して

1 24時間365日対応可能な高齢者・障がい者等の見守りホットラインの構築は、今後ますます必要になってくると考えるが、市のこれまでの検討状況について伺う。

2 高齢者見守り協定の締結数拡大に加え、参加事業者、各種団体のネットワークの強化による見守り機能のさらなる充実が求められていると考えるが市の見解を伺う。

3 慢性疾患があり、病弱で常時注意を要するひとり暮らし高齢者等の世帯における現状の高齢者緊急通報システム事業とひとりぐらしの在宅重度身体障がい者等緊急通報システム事業は、本当に必要な人に支援が届いているのか市の見解を伺う。

質問件名 みずから健康をつくる健康増進策をさらに進めよう

市議会公明党は、これまで平成27年度から開始した「小平市国民健康保険データヘルス計画」また平成29年3月に市が宣言した「みずから健康をつくるこだいら」の健康都市宣言を含め健康増進策を提案・推進してまいりました。本年6月には健康福祉部保険年金課を中心とした庁内関連6課で発足したプロジェクトチームを「健康チェッカーズ、プロジェクトK」と命名され、職員の方が健康施策にかかる新たな事業をみずから考え、それぞれの事業案について、具体的な事業効果や実現の可能性を検討されていると伺っています。健康都市宣言以降の市の取り組み状況と令和3年度以降の事業展開を見据えた本年度検討中の新規事業の検討状況を確認したく、以下質問いたします。

1 健康都市宣言以降の各種検診率向上に向けた主だった市の取り組み内容と評価について市の見解を伺う。

2 プロジェクトチームで令和3年度以降の事業実施を目指して検討している30~40代の若い世代への健康増進策についての現在の検討状況を伺う。        

3 ICTを活用した40~60代の働き盛り世代の「糖尿病予備軍」を対象とした大手生命保険会社と連携した鳥取県での取り組み事例は、本市においても参加者の増と早期治療の開始、結果としての医療費削減と大きな効果が期待できる施策になると考えるが、プロジェクトチームでの現在の検討状況を伺う。 2019.06.10議場写真003001

令和2年11月20日(金)小平市議会公明党議員団として、小平市長に令和3年度の「予算要望」を行いました。各議員が、それぞれの地域で現場発信の多くの課題を伺ってまいりました。「安全・安心なまち小平」「未来を育むまち小平「いつまでも住み続けたいまち小平」の3つの分野に大別し、155項目にまとめ予算要望を行いました。一つでも多くの項目が、予算に盛り込まれ実現出来る様、今後とも粘り強く活動して参ります。(写真:当日の様子)026024

令和2年11月16日(月)16時頃、小平市小川町1丁目の東小川橋近隣にお住いの自治会長さんから「玉川上水緑道にスズメバチが飛んでおり既に複数の人が刺されて被害にあっている模様」との一報を頂く。現場は樹林の中でもあり直ぐに駆けつけないと日没ですぐに暗くなると判断し即出動。現地を確認するとハチの飛んでいる様子はなし。玉川上水緑道は東京都の建設局が主管。都より緑道の維持管理を委託されている事業者の方が既に、立入禁止のテープと危険を知らせる看板を設置済み。その場で市の環境政策課と都の委託事業者の担当者に直接電話にて確認すると「ハチの種類はオオスズメバチ」とのこと。巣については玉川上水に沿って流れる新堀用水の「のり面」にそれはそれは実に見事な大きな巣があったとのこと。また既にハチ駆除の専門事業者により除が完了しているとのこと。また駆除時には巣にいなかったハチが戻りバチとして返ってきていることを16日(月)午前10時頃、市の担当職員が目視にて3尾を現地で確認。その後、同13時頃に都の委託事業者の担当者が殺虫剤にてハチを駆除したことも判明。確認できた内容を自治会長さんに報告し一旦終了。11月中旬ではありますが、まだまだ小平市内も気温が高いのでハチの活動も活発です。近寄らないに越したことはありません。まさに問題はいつも現場で起きています。(写真:当日の様子)014017018019

令和2年11月16日(月)朝6時30~鷹の台駅頭に小平市議会公明党議員団で挨拶させて頂きました。「tokyokomeiニュース」と「こだいら公明党ニュース」を多くの人に受け取って頂く事ができました。本日は気温が上がるとのこと。小平市内は快晴です。一日頑張ります。(写真:当日の様子)016015

令和2年11月9日(月)小平市議会公明党として「こだいら公明党ニュース」2020年秋冬号を発行いたしました。表面は10月に市内の第五小学校の視察内容と65歳以上の高齢者を対象としたインフルエンザワクチンの無料接種等の情報を記載。また裏面は「軽減税率導入から1年」の公明新聞掲載内容の紹介。多くの市民の方に読んでいただけたら嬉しいです。(写真:こだいら公明党ニュース2020年秋冬号)CCI_000041CCI_000042

令和2年10月26日(月)午前9時~小平市コミュニティタクシー鷹の台駅西側ルート第2期実証実験が再び始まりました。本実証実験は、本年1月14日からスタートしコロナ禍のため5月8日までの運行で止む無く一旦終了。小平市の「公共交通課」「運行事業者」そして「南西部地域の考える会」の皆様のご努力で運行が再開されました。私も、1便に乗車し様子を見守りました。勿論、車内の感染症対策も実施されています。多くの地域の皆様の生活の足として利用されることを切に望みます。003014015018017020

平市内の対象店舗にて、auPay、PayPayでの支払いで最大30%戻ってくるキャンペーンを展開してます。詳細は市のホームページを参照下さい。(写真:対象店舗に掲示のステッカー)

https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/084/084886.html

003

令和2年10月25日(日)午前9時~「わくわくグループ」による小平市栄町2丁目の清掃活動を再開。今回は、コロナ禍でもありグループの男性のみでの再開となりました。市道へのバイク、自転車の放置等もあり、翌日市の担当課に連絡し10月29日(木)には撤去回収済み。2006年からスタートした、当グループの清掃活動もコロナ禍の影響で本年2月より0219ヶ月の休止となりましたが、再開できて本当によかったと思います。(写真:当日の様子)022027024034036

令和2年10月1日(木)から、小平市においても65歳以上の高齢者を対象とした、インフルエンザワクチンの無料接種がはじまりました。これは、公明党が国と都、市の連携で実現したものです。公明議員が国会論戦を通し「高齢者に対するインフルエンザ予防接種の無償化」を提案。これを受けて都議会でも公明議員が主張し、補正予算案に同無償化の費用を盛り込むことができました。そして小平市議会公明党もかねてから予算要望を通し、インフルエンザ予防接種の助成拡充を提案していました。公明党は、秋冬の新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行を回避し、皆さまの生命と健康を守るため、引き続き、全力を尽くして参ります!小平市においては、65歳以上の方は10月1日から令和3年1月31日まで、無料で接種することができます。※詳しくは下記の市ホームページを参照下さい。

https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/084/084149.html

44238468

 

令和2年10月19日(月)小平市議会公明党は、小平市立第五小学校を視察しました。初めに校長先生のご案内で、給食調理室に設置されたスポットクーラーを見学。調理員の方からは「前に立つと涼しく、仕事の効率アップにつながりました」と喜びの声を伺いました。教室照明のLED化は、街路灯のLED化に引き続き、市議会公明党が長年要望してきた事業です。ESCO事業を活用し、LED化によって削減される経費を、改修費用に充てるものです。LED照明へ改修する効果は大きく、教室の明るさが増すと同時に、環境負荷を減らすことができます。市議会公明党は、教育現場でも持続可能な社会の実現に取り組んで参ります。※ESCO事業とは Energy Service Companyの略称。省エネルギー改修にかかる経費を改修後の光熱水費の削減分で賄う事業。(写真:当日の様子)

051OHA_3217OHA_3407

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp