バックナンバー 2020年 8月

令和2年8月29日(土)本日も小平市内は35℃を超える猛暑日となりました。自宅→上水新町2丁目→中島町→小川町1丁目と「佐藤とおるニュース13号」を携え、市内南西部地域を自転車でまわる。日頃お会いできない単身赴任中のご主人にもご挨拶ができました。上水新町2丁目の新興住宅地→下草の除草された「寺橋」→小川橋交差点で看板へのいたずら発見(住宅修繕用のヘラで後日修復します。こういう落書きは許さない。市と警察への挑戦です)→小川橋の道路予定地の雑草防止対策が進む。(やればできる)→中島町東公園に市に依頼していた「飛び出し注意」の注意喚起看板の設置を確認→中島町にある小平村山大和衛生組合(小平・東大和・武蔵村山の3市)焼却場の解体工事と隣接道の工事が進む→市道松の木通りに何故か残っている木の切り株(危ない!週明け道路課に相談)等、気になるところも多くありました。お手紙を書いて投函したところ、市民の方から近況をFAXでいただきました。疲れも吹き飛びます。下半期のスタート、ギアを上げていきます。(写真:8月29日の様子)003007008012014019022027051046042

令和2年7月1日(水)から8月31日(月)の期間で小平市内参加店での飲食、テイクアウト、デリバリーのレシートまたは領収書を集めて応募する「モリモリたべてモリあげよう」キャンペーンがいよいよ締切が迫ってきました。応募は9月3日(木)こだいら観光まちづくり協会に着いたものまで有効。お一人何口でも応募できます。応募もれのないよう、よろしくお願いいたします。(写真:筆者の応募用紙)003

令和2年8月26日(水)午前中、地域挨拶回りの中で市内上水新町2丁目にかかる「寺橋」南西側の緑道の除草作業が実施されていることを現地で確認致しました。7月29日に橋の南東側の除草作業が終わり、希少動物保護の関係で時期を変更しての実施となりました。「寺橋」から出てくる自転車の発見が玉川上水通りを走るドライバーからもよく確認できるようになりました。対応頂きました都の委託事業者である、西武・武蔵野パートナーズ社の協力に感謝申し上げます。この場所は昨年10月2日に橋から飛び出してきた自転車と玉川上水通りを走行する車との接触事故のあった現場です。今後とも見守ってまいります。また本内容は本年8月2日付の当ブログに詳述しております。(写真:8月26日撮影、除草作業が行われた寺橋の南西側の様子)016017015

令和2年8月中旬、市内上水新町1丁目15番地にある「くぬぎ公園」北側の「20キロ」の指定速度を示す交通標識が「公園の樹木の繁茂で見えにくい状態なっている」とのお声を頂く。早速現地を確認後、同公園の管理をアダプト(公園の里親)制度として市に登録して担って頂いている団体に樹木のせん定を依頼したところ速やかに対応頂きました。日々の公園の清掃活動に感謝するとともに速やかなご対応に御礼申し上げます。この西120メートル先には、平成27年には、交通死亡事故も発生した東小川橋の丁字路があり、ドライバーの皆さんには指定速度の遵守をお願いします。(写真:せん定以前の状態、8月20せん定後の状態→見えるようになりました)001031

8月15日、75回目の終戦記念日を迎えました。「平和への誓い」を新たに、党アピールを公明新聞に発表いたしました。下記掲載いたします。(2020年8月15日、公明新聞2面)001

8月15日(土)、75回目の終戦記念日に小平市市議会公明党議員団で「平和への誓い」を胸に市内で街頭演説を行いました。戦争や核兵器に加え、新型コロナウイルスなどの感染症や気候変動といった「人類の脅威」を乗り越えるには、対話による国際協調を促進し「人間の安全保障」を具体的に実現していかなければならないとお訴え致しました。小平市内も本日はこの夏一番の暑さとなり、気温も37.5度まで上昇。多くの市民の皆様から励ましもいただきました。ありがとうございました。(写真:当日の様子→市役所前から出発)002003049

令和2年8月14日(金)「佐藤とおるニュース」第13号を発行いたしました。1面は、8月3日(月)開催の小平市議会臨時会での補正予算(第4号)内容の紹介。2面・3面には6月定例会での一般質問。4面には6月~7月の主な地域実績を掲載いたしました。多くの方に手に取って読んで頂けば幸いです。(写真:佐藤とおるニュース第13号内容)049053071074076079

令和2年8月7日(金)午後、小平市上水新町1丁目にあるセブンイレブン店舗にて、本年7月30日(木)より市内で始まった㈱セブンイレブン・ジャパン社と市と市内清掃事業協同組合との3者協働の「ペットボトル回収事業」にnanacoとペットボトルを持参して体験いたしました。ペットボトル5本でnanacoポイントが1ポイントたまります。ペットボトルからペットボトルに100%再生させる「ボトルtoボトル」のリサイクルはペットボトルを最も効率よく循環できる方法となります。環境にやさしいこの取り組みに多くの市民の方に参加頂き、また他の自治体に拡がることを期待します。本事業の関連内容は8月2日にも発信しておりますので参照下さい。(写真:8月7日の様子、市内上水新町1丁目店にて)012017019

令和2年8月6日(木)から武蔵野美術大学に隣接した「小平都市計画道路3・3・3号線」の中央分離帯部分の大学北門より西側部分の除草作業が昨年より約2週間早く始まりました。雑草の繁茂でドライバーから「横断歩道を渡る歩行者が見えにくい」また小中学校の保護者からは「新学期が例年より1週間早く始まる。通学路にもなっているので除草を早くして欲しい」との声を頂いておりました。市の道路課に当該場所の除草作業の前倒し実施を要望しておりました。(写真:除草前→7月31日の現地の様子、猛暑の中での除草作業→8月7日の様子)011007010

令和2年8月5日(水)13時30分~小平市小川東町4丁目の「小平元気村おがわ東」内にある、社会福祉法人「つむぎ」障がい者支援施設「おだまき」を小平市議会公明党議員団で視察させて頂きました。岡田施設長にコロナ禍での施設運営や感染症対策をお聞きいたしました。現場では、施設の特性をよく理解している専門家のアドバイスを求めていることがわかりました。またせっかく授産活動したのに販売イベントが軒並み中止となり、施設利用者の工賃の支払いにも困っている現状をお伺いいたしました。今後は市内での販路拡大とインターネットを活用した販売の拡大も視野に入れ取り組んでいきたいとのお話に続き、最も心配していることについては、一人暮らしの高齢利用者本人や家族の感染時の対応についてであることを伺いました。今後、会派としても担当課と連携をとってサポートして参ります。(写真:当日の様子、はた織りに使用する生地等)031033

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp