バックナンバー 2020年 7月

令和2年7月28日(火)9時30分~昭和病院企業団議会が開催され小平市選出議員として出席いたしました。公立昭和病院は構成市7市(小平市他近隣6市)約94万人市民の健康を守るため、構成市における唯一の「高度・急性期医療センター」として多摩北部エリアの中核病院としての機能を担っています。また当病院は元々感染症指定医療機関でありさらに今回「新型コロナ疑い救急患者」を積極的に受け入れる「新型コロナ疑い救急医療機関」に東京都より指定され、コロナ疑い患者のたらい回しを防ぐ「東京ルール」の一翼を担っています。今回は新型コロナウイルスに関する報告がありましたので簡潔にご報告いたします。本年1月下旬、感染症科において本感染症患者の受入れに対する検討を開始、以来7月14日までに23回にわたる対策会議を開催し主要方針等を決定し、職員(主に医師)に説明、周知。①診療の基本方針→院内感染防止及び中等症から重症患者の治療②外来診療体制→救急外来ブースでの診療に加え、病院玄関前に発熱外来テントを設置し診察、検査、必要に応じてPCR検査を実施。7月13日からは都の要請を受け、重症5床、中等症等40床の診療体制を準備。次に本年2月から7月15日までの期間で入院患者306名の受入れを対応。内陽性者は84名。陰性者222名。平均入院日数は14.6日。院長の説明の中で「コロナの患者さんも早期に適切な治療を施せば、ほとんどの人は重篤化していない。従って早期の適切な治療が大事だ」との言葉が印象的でした。病院の経営についてはコロナの発生により外来患者の大幅減少により経営が圧迫。令和2年度の収支で約7億5500万の大幅な赤字が見込まれており構成7市に5億の追加財政支援措置が求められています。内、小平市負担分は約1億8千万円となり、8月3日の市議会臨時会での審議となります。これまで病院内の懸命な努力でコロナに起因する医療関係者の退職はゼロ。また新聞報道にあった外部からの招へいの非常勤麻酔科医から手術看護師への感染例1名のみで、現時点では院内感染は発生していないとのこと。議会終了後、院長の提案で出席議員全員がPCR検査時に医師が身につける、防護服、N95マスク、医療用ゴーグルを身につけ体感。本番はこれに専用の手袋を見につけ対応するとのこと。1時間を目途に交代しないと疲労感が凄いとのお話がありました。改めて地域医療を必死で支えて頂いている医療関係者の皆様の労に深く感謝申し上げます。日夜本当にありがとうございます。(写真:当日の様子。病院玄関前に設置の発熱外来テント等の様子)008018014023022116792014_746755249423479_4845119320045138341_n116433169_2121677857975683_6173489500502336976_n

令和2年7月27日(月)午後、小平市議会公明党議員団で市内で街頭演説を実施いたしました。国会での党の報告を中心にお訴えいたしました。①6月17日に閉会した通常国会では、2度にわたって令和2年度の補正予算を成立させるなど、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や雇用・生活維持のための施策の策定、充実に尽力してきたこと。②中でも、公明党の強い主張により一人一律10万円の特別定額給付金の実現。また雇用維持のための雇用調整助成金の拡充、医療従事者等への慰労金の支給。困窮学生支援などを後押ししてきた実績を中心にお訴え致しました。8月3日には小平市でも臨時議会が開催され国や都の補正予算を活用した令和2年度補正予算の審議に臨みます。困っている人に支援が届くよう働いてまいります。(写真:7月27日の様子)021028

令和2年7月13日(月)小平市小川西町2丁目在住の市民の方から「都の職員小平住宅の敷地内の草木の繁茂が激しく、都営住宅の敷地内にも伸びてきている。除草してもらいたい」との要望を頂く。現地確認後、都の担当局に相談したところ敷地内の除草作業が20日から22日の3日間かけて実施されたことを確認いたしました。当該職員住宅は1号棟から4号棟までありますが、入居は現在2号と3号棟のみ。今後の利活用については、都で協議中とのこと。今後も様子を見守ってまいります。(写真:7月13日の様子、7月23日除草後の様子)015007009005010

令和2年7月19日(日)小平都市計画道路3・4・24号小川橋青梅橋線の小平市中島町31番地の「道路予定地の草木の繁茂が凄く、歩道にも飛び出す勢い。早目に除草してもらいたい」との地域のお声を頂く。現場確認後、翌20日(月)に市の担当課長に相談し速やかな除草を依頼。当該地を管理している東京都の窓口と連携して頂き翌21日(火)には除草作業を実施して頂きました。速やかな対応に感謝申し上げます。今後も見守ってまいります。(写真:7月19日現地の様子、21日には除草が完了)

022025030005012

令和2年7月19日(日)地域の見守り活動の中で第十二小学校南側、小平都市計画道路3・4・23号線と3・3・3号線の丁字路西側の閉鎖されている道路予定地ヶ所周辺の草木の繁茂状態を確認。周辺には住宅地もあり、今後ますますの繁茂が予想され蚊の発生の温床にもなることから市の道路課に翌20日(月)に除草を依頼したところ速やかに実施していただきました。担当課の迅速な対応に感謝申し上げます。今後も定期的に見守ってまいります。(写真:7月19日の現地の様子、7月23日に確認した除草後の現地の様子)064046

地域市民からの交通安全対策の要望を受け、平成30年3月小平市議会定例会一般質問にて「市内上水新町1丁目の玉川上水通りのくぬぎ公園から百石橋を越えて東に上水新町2丁目に入る丁字路区間まで20キロの指定速度を設定すべきだ」と主張してまいりました。このたび、百石橋を挟む当該区間に「20キロの指定速度」が設定されたことを現地にて確認いたしました。小平都市計画道路3・4・23号線の玉川上水にかかる百石橋から東西の玉川上水通りに入るドライバ―の皆さんには指定速度遵守でお願いします。指定速度の設定まで議会質問から2年4ヶ月の歳月を要しましたが、警視庁小平警察署の英断に感謝いたします。(写真:7月16日に確認した現地の20キロの交通標識の様子)013010012016

令和2年7月15日(水)13時~小平市議会公明党議員団で国立駅前にある「くにたち男女平等参画ステーション」パラソルを視察いたしました。国立市では「国立市女性と男性及び多様な性の平等参画を推進する条例」を平成30年4月より施行。今回の視察では、市としてのダイバーシティーの取り組みとパラソルにおける先進的な相談事業の内容について学ばせて頂きました。本市の今後の取り組みの大いなる参考となりました。視察を受入れて頂いたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:7月15日の様子)008013014015023032017

2017年11月、小平市小川町1丁目308番の「小川緑地公園」に近隣住民の強い要望で「電波時計」が設置されました。それから2年半後の本年5月「公園の時計が故障しているので対応して欲しい」とのお声を頂く。早速現地確認後、市の「水と緑と公園課」に相談。嬉しいことに7月12日(日)現地にて場所を変更して時計が設置されていることを確認いたしました。公園を利用される市民の方からも喜びの声を頂きました。市の担当課の対応に感謝申し上げます。(写真:2017年設置後の様子、2020年5月23日故障して時計本体を撤去直後の様子、2020年7月12日再設置を確認)026007006009

公明党が力強く推進し成立した国の第2次補正予算に盛り込まれた「家賃支援給付金」事業の申請要領が経済産業省から7月7日(火)発表されました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減った中小企業や個人事業主の家賃負担などを軽減する「家賃支援給付金」については、7月14日(火)から申請の受付が始まります。詳しくは経済産業省のホームページをご参照願います。https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

本年6月26日(金)小平市議会本会議にて小平市一般会計補正予算(第3号)が議決されました。その中に盛り込まれた事業者向け「感染防止徹底協力金」の申請受付が7月20(月)から始まります。市にて東京都が発行する「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示している市内事業所を対象に1事業所につき5万円の給付を行う支援制度です。市内の3000事業所からの申請に耐えうる予算も計上しました。詳しくは市HPを参照下さい。https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/083/083344.html

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp