バックナンバー 2018年 7月

平成30年7月30日(月)から市内南西部地域の「コミュニティタクシー」の実証実験が正式に決定し運行が開始されることとなりました。実に市が平成18年に公共交通の基本方針発表して12年の歳月を要しましたが、本当に嬉しいことです。私も初挑戦となった平成27年4月の市議選での選挙公約に「西部地域の公共交通の整備拡充」を掲げ、議員になって最初の6月定例会の一般質問でも「南西部地域に早期に公共交通を導入すべき」と訴え、過去26回開催された考える会にも、積極的に傍聴参加をして見守って参りました。今後は、地域の皆さんの足となり大いに利用されることを切に望むものです。「B地域のコミュニティタクシーを考える会」の皆様の2年3ヶ月に及ぶ献身的な奮闘に感謝申し上げます。そして運行を担って頂く小平交通社には、無事故の安全運転を何卒宜しくお願い申し上げます。公共交通課の職員の皆様には扇の要としての存在であり続けて欲しいと思います。どうか皆さん、ご乗車ください!(写真:時刻表と停留所のはいったチラシ、今回設置される仮設停留所、栄町ルートのコミタク車両)OLYMPUS DIGITAL CAMERA013017070

平成30年5月下旬、市内小川町1丁目の「小川町かしの木自治会」の市民の方から「都立小平西高校の北西樹林にたぬきが糞をしてハエが発生し不衛生な状態になっている」とのお話を伺う。小平西高校でも、樹林の該当箇所に小型電灯を設置等の対策を実施しておられましたが、効果があまり上がらない状態でした。そうした中、学校に対応を再度ご依頼したところ、樹林の下草を刈りこんだ上で黒のシートを該当箇所に敷設する対応を実施して頂きました。野生動物が相手となりますが、効果が格段に上がって欲しいと願っております。(写真:7月19日撮影、黒のシートを樹林に敷設)059063

平成30年7月19日に市内小川町1丁目の私道と青梅街道の丁字路箇所の歩道部分への飛び出しを事前に「注意喚起する路面表示」が設置されたことをとても嬉しく思います。本年5月下旬、小川町1丁目の「白梅北自治会」より「当該丁字路での接触事故がいつ起きるかとても心配。何か対策をうってもらいたい」との相談を受け、市の交通対策課に相談しておりました。今回、青梅街道が都道のため、道路管理者である東京都小平工区の施工で危険を知らせる「注意喚起の路面表示」を2ヶ所設置して頂きました。歩道を自転車で通行する方には特に注意をしてもらいたいと思います。ご対応頂いた市と都職員の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:7月19日撮影の現地の様子)032038

平成30年6月定例会にて以下の一般質問をしておりましたので、夏休み前の市報での掲載を嬉しく思います。

質問1 いじめ、自殺、インターネットトラブルへのSNSを活用した相談支援体制の充実を

東京都では、従来の電話・メール相談に加え、若者に広く支持され使用されているLINEを活用した相談支援を平成30年5月8日(火曜日)から21日(月曜日)までの日曜日を除く期間で実施。また平成30年8月1日(水曜日)から14日(火曜日)の日曜日を除く期間で2回目を実施すると都のホームページに、こどものネット・ケータイのトラブル相談「こたエール」として公表しています。市としてLINEを使用した東京都の相談の取り組みを本市の小中学校の児童・生徒・保護者に対しても広報・周知すべきと考えるが市の見解を伺う。(写真:7月20号に掲載された市報)027028029

平成30年6月29日、小平市小川町1丁目の青梅橋近隣の市民の方から、「小平グリーンロードに指定されている、野火止用水緑道の植栽が繁茂しているので剪定をお願いしたい」との要望を受ける。当該場所が東大和市になっている関係で東大和市の佐竹公明市議に依頼。早速市の担当課に要望して頂き植栽の剪定が実施されたことを現地で確認致しました。ご対応頂いた東大和市の佐竹市議また担当課の職員の方に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:6月29日、植栽が繁茂した緑道、7月18日、現地にて剪定実施を確認)

001016

平平成30年6月に発生した大阪北部での地震で小学生の児童が学校のブロック塀の下敷きになり、亡くなるという痛ましい事故の発生を受け、全国の公立の学校・施設の総点検が国を挙げて行われました。本市においても対応が必要な危険箇所が同保育園を含め4施設見つかりました。上宿保育園の塀は当初は補強工事で対応となっていましたが、検討の結果、安全上の視点から撤去が望ましいと市で判断。同保育園の東側と一部北側ブロック塀を解体し「見通しのよい軽量フェンス」が設置されたことを確認しました。(写真:7月18日撮影、同保育園に新規設置のフェンス)026020

平成30年6月初旬、市内中島町東公園近隣の住宅の窓ガラスと乗用車が投石により破損するという「器物損害事件」の発生を受け、同公園に2ヶ所警告の立札を設置して頂きました。また「同公園の南側の植栽の繁茂により北側道路からの車両の視認が悪くなっており、剪定して欲しい」との近隣地域からの要望を受け、担当課にて植栽の剪定を実施して頂きました。視界がよくなりました。速やかに対応頂きました担当課に感謝申し上げます。(写真:6月9日撮影、剪定前の状態、7月18日撮影、剪定後の同公園の状況)021009010

平成30年7月16日(祝)15時~17時小平駅南口にて「西日本豪雨」救援募金活動を「小平市平成30年7月豪雨被災者救援の会」の皆さんと共に小平市議会公明党議員団6人で行いました。猛暑の中、多くの市民の方から、励ましの声と共に真心の募金をいただきました。頂戴した真心の募金は、日本赤十字社を通して、全額被災地にお届けさせて頂きます。ご協力頂きました全ての市民の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:7月16日、小平駅南口の募金活動の様子)2018.07016kodairaIMG_20180716_163738

私の知人で東京都杉並区阿佐ヶ谷南でネパール政府認定のエベレスト・インターナショナル・スクール・ジャパンの理事長をしているブパールさんより「現在の校舎より杉並区荻窪に移転するにあたり、小学校の廃校等で不要となった小学生用の机と椅子を100セット位探しています。情報提供で結構ですから応援してもらえないでしょうか」との相談を受けております。ネット情報等でリサーチしているもののなかなか数を揃えることが困難とのこと。そこで関東近県で学校等の廃校で小学生用の机と椅子が不要になる、或いはなるのではとの情報があれば教えて頂けますと助かります。因みに学校の移転は8月を予定しております。苦労人の彼を応援したく、何卒宜しくお願い申し上げます。(写真;2015年9月4日学校を訪問し授業の様子を伺う、写真ブパール理事長と筆者、同年10月18日小平市民まつりの市民パレードでネパール国旗を持って参加して頂く)OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成29年3月小平市議会定例会の一般質問の中で「四季の小路公園」を車椅子でも通れる様、バリアフリー化対応を訴えておりました。同公園は平成5年7月1に開園。都の助成金を活用して小川西町1丁目から栄町1丁目にいたる全長1150メートルの小路公園としてオープン。園路にはおしゃれなベンチも設置してあります。今回、小川西町1丁目の区画で植栽の剪定と段差の解消が一部進んだことにより車椅子で通行できる箇所ができました。大きな一歩前進です。担当課のご努力に感謝申し上げます。(写真:剪定前の様子、本年4月27日撮影、剪定後とバリアフリー対応の補修工事後、7月13日撮影)070069070072

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp