平成27年10月14日(水)の18時45分頃発生した、市内東小川橋での痛ましい交通死亡事故を受け、様々な交通対策を市で実施して頂きました。そうした中、本年6月中旬に交差点をご利用の市民の方から「本年3月に新設されたLEDの街路灯が、隣接のカーブミラーを一部遮り、走行する車、自転車から見えにくい状態となっているので改善して欲しい」とのご要望を頂きました。ご要望頂いた市民の方と一緒に現地を確認。私自身も現場を見て、これは改善の必要があると感じました。早速、市の交通対策課に相談。交通対策課と小平警察で調整協議していただき、何と東側のカーブミラーを街路灯に設置するという工夫で見えにくいからよく見えるカーブミラーへと改善が完了していることを7月18日に現地で確認致しました。私は、街路灯を移動させるしかないと考えていましたので、現地を見た時には、正直驚きました。「成る程、こういう手があったか」と。東小川橋をご利用の市民の皆さまから「よく見えるようになり、助かります。安心しました」とのお声を頂きました。交通対策課の職員の皆さまいつもOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAありがとうございます。感謝申し上げます。(写真上:変更前、写真下:変更後)

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp