平成28年7月14日(木)の夕刻発生した豪雨により、小平市小川町1丁目2488番地付近の13小通りの「歩道ブロック」が敷設されているマンホールが大量の雨水による圧力で動きその回りに埋めてある歩道ブロックが浮き上がり、歩道を通行することが出来ない状態となりました。近隣市民からの通報を受け、上宿交番の警察官の方が、現場の交通整理を担当。車で2台で駆けつけた「市の道路課職員」6名の奮闘により一時補修が行われ通行が可能となりました。私もご連絡を受け、現場で交通整理と作業を見守りました。市の職員の方は「道路工事作業の職人の方と間違える程、手際よく、またチームワークがあり、1時間位で歩道の復旧作業が完了」作業終了後の22時、職員の方にお聞きすると「市内にOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA豪雨もあり職員はこうした非常時にすぐ出動できるように待機しております」との力強い言葉が返ってきました。とても頼もしく感じました。道路課の皆さま本当にありがとうございました。(写真:復旧にあたる職員の皆さん、駆けつけた車)

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp