平成28年1月11日(祝)11時~ ルネこだいら大ホールで開催された成人式の式典に参加いたしました。(市内の成人された方は1325人、全国では121万人) 式典の始まる前に式典周辺で市議会公明党6人の議員から公明党の青年対策についてアピールさせていただきました。街頭でのアピール内容。1点目は、携帯電話に関する政策。「ケータイといえば公明党」例えば、携帯電話会社を変更しても番号が変わらない「ナンバーポータビリティー制度」現在では当たり前になっているこの制度。実は公明党が平成15年に1000万人以上の署名を集め実現させたものです。2点目は奨学金の拡充。日本の奨学金はかつては、厳しい成績要件がありました。しかし公明党は学ぶ事を希望する、意欲ある学生にはチャンスを与えるべきと強く主張。平成11年には、有利子の第二種奨学金を「きぼう21プラン奨学金」として抜本拡充し、成績要件を事実上撤廃。奨学金の制度拡充を常にリードしてまいりました。3点目は若者の就職支援。例えば「ジョブカフェ」これは、進路で悩む若者を支援するため、気軽に就職などについて相談できる場として、全国100か所以上に整備してきました。平成16年度から平成26年度までに累計100万人以上の就職に結びつけることができました。また長い間働くことができずにいる若者を支援する「地域若者サポートステーション」を全国160ヶ所以上に整備してきたほか、給付金をもらいながら職業訓練を受けることができる「求職者支援制度」の創設にも尽力してきたこと等をアピールいたしました。青年党員の皆さんと一緒に配布した「公明党の実績チラシ」も多くの新成人にとっていただきました。(写真:ルネこだいら北側で街頭演説)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp