平成28年1月10日(日)午前9時30分~中央公民館の2階学習室で開催された1月度の部会に初めて参加いたしました。この会に所属する地域の友人から「1度参加してみては」と誘われたことがきっかけでした。Seedとは国際協力の種(seed)を蒔くという意味とのこと。市民でもできる国際協力。国際協力の為に必要となる資金についてはフェアトレード(公正貿易。「南」の生産者と「北」の消費者が対等な立場で行う貿易)等によって得ている。フェアトレードのコーヒー・紅茶を提供するカフェをひらいたり商品を販売したりと。また使用済み葉書、小切手、古本、インクカートリッジなどを回収。寄付した金額はこの4年間で50万円にのぼるとのこと。1月度の部会では、ネパール政府認定のエレベスト・インターナショナル・スクール(杉並区阿佐ヶ谷南)に4万円の寄付が行われました。寄付を受けたスクールのブパール理事長から流ちょうな日本語での謝辞がありました。初参加ながら国際協力の場面に立ち会わせていただくことができました。(写真:Seed代表の御厨代表とブパール理事長)関連ブログ10月18日、第40回市民まつりに参加して。9月4日、ネパール政府認定の日本人学校を訪問。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp