平成27年9月12日(土)夕刻、党本部にて東京都本部の議員総会が開催されました。来夏に予定されている参院選に挑む公明党公認の予定候補者お二人(東京選挙区 竹谷とし子 埼玉選挙区 西田まこと いずれも現職参議院議員)より力強い決意抱負がありました。竹谷とし子議員より公認会計士としての実績を活かしての実績アピールが以下の内容でありました。「国の不必要な借金を大幅に減らし700億円以上削減できたこと。これは国が10兆円以上の国債整理基金を借金して保有。年間1000億以上の利息を支払いしていた。竹谷とし子さんがその問題を予算委員会で取り上げた結果、基金は3兆円に減額され年間の借入利息は700億円以上の削減が実現できたこと。」いよいよ来夏の政治決戦である参院選の大勝利目指し、自身の担当地域での公明党に対する信頼と理解の輪が拡大できる様、日常の議員活動に地道に取組んで参ります。(写真:党本部にて決意表明する竹谷とし子参議院議員OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp