バックナンバー 2015年 8月

本年2月下旬、小川町1丁目の白梅北自治会の市民の皆さまより「第一小学校への通学路になっている自治会内の青梅街道へ抜ける私道の用水をまたぐ橋の西側一部が崩落しており、児童の日々の通学を考えるとあやまって用水に落下するのではないかと心配しています。何とか補修ができないでしょうか」とのお話を伺いました。早速現場を確認。先輩議員に同行いただき、市の道路課、用水にかかる橋でもあることから水と緑と公園課に相談を実施。市の関係部署で様々な現地調査を慎重に丁寧に行っていただきました。5ヶ月の期間を要しましたが橋を管理して頂いている個人管理者のT様のご協力のお陰で橋の修理が完了致しました。7月24日(金)に現地にて工事が完了していることを確認致しました。白梅北自治会のお母様方OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAから「夏休みの期間に橋の補修が完了してとても安心しました」との喜びの声を頂きました。ご負担頂きました個人管理者のT様そして市の道路課、水と緑と公園課の皆さまに感謝致します。(写真は工事前と工事後)

7月23日(木)開催の小平駐屯地納涼祭に参加させていただきました。中央の全面芝生のグランドが盆踊り会場となり多くの市民の皆さまが参加されての盛大な納涼祭となりました。現役の自衛隊の方と懇談できる機会でもあり様々な意見交換を図ることができました。実際に海外に外交官として情報収集活動に従事したことのある自衛官の方は「今回の安保法制の中で駆けつけ警護ができるようになるPKO法案の改正が盛り込まれていること」を評価しておられたことがとても印象的でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏の猛烈な日差しが照りつける7月21日、市議会公明党の3人の議員が1チームとなり市内18ヶ所で街頭演説を実施致しました。訴えた内容は以下の通りです。「平和安全法制」の関連法案が7月16日衆院で可決、通過し参院へ送付されました。安全保障環境が厳しさを増す中、国民の生命を守るために重要な法案であります。参院の審議では国民の皆さまの理解が広がるように、政府は丁寧な説明を続ける必要があると思います。法案は日本の安全と国際社会の安全の2分野で構成されています。国際社会の安全は日本の安全を築く大前提であり、国際貢献の拡大は欠かせません。ただし「自衛の措置」として自衛隊に認められる武力行使は日本の防衛に限ります。国際社会の安全のために活動する自衛隊には武力行使は一切認められません。現に戦闘行為が行われている場所以外で、輸送や補給などの後方支援を実施するだけであります。この考え方は政府の憲法解釈に基づいております。政府は、憲法9条の下で許容される「自衛の措置」は日本防衛に限られ、もっぱら他国防衛を目的とした集団的自衛権の行使、また海外での武力行使は自国防衛を超えるため許されないとの憲法解釈を示して参りました。この解釈の下、日本は専守防衛を基本理念とし、今回の法案でも堅持されています。弾道ミサイルが瞬時に日本に着弾するかもしれない時代であれば、日本への直接の武力攻撃が発生していなくても、それと同様の深刻、重大な被害が及ぶことが明らかな事態が起こる可能性はあります。例えば、自衛隊と共同で弾道ミサイルの警戒監視にあたっている米艦が先に攻撃された場合、その米艦を守れるようにした。あくまでも自国防衛のためであります。法案が万が一にも恣意的な判断で憲法を超えた武力行使にならないように「自衛の措置」の新3要件を定め、厳格な歯止めとしています。これに対し、一部で行われている「他国防衛の集団的自衛権の行使を容認した違憲の法案」との一方的なレッテル貼りは、国民的な合意形成を阻害するものと言わざるを得ません。レッテル貼りに終始していては国民の皆さまの理解を深める論議にならないと考えます。今後、参議院での審議となりますが、私たち公明党は更に国民の皆さまのご理解が進むように全力で取り組み、国民の皆さまの生活を守るために全力で働いて参ります。」(写真:小川西町1丁目)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

本年5月下旬に第5中学校近隣在住の市民の皆さまより「5中正門の南側道路が暗いので何とか照度アップの改善をしてもらいたい」との要望を頂いておりました。早速、夜に現場の暗さかげんを目視確認。現在の街路灯をLED街路灯に変更することで少し改善が進むのではと考え、市の交通対策課に要望。交通対策課にて現地を夜に確認頂きました。7月20日にLED街路灯に変更されていることを確認。5中正門近隣の市民の皆さまより「以前に比べて明るくなりました。6月25日実施の正門前14本のいちょう並木の剪定の効果もありとても助かります」との喜びの声を頂きました。(いちょう並木の剪定については、7月3日の当OLYMPUS DIGITAL CAMERAブログを参照下さい)交通対策課の職員の皆さまに感謝致します。(写真:5中正門南側のLED街路灯)

本年6月初旬、西中島橋近隣の市民の皆さまより「中島町から西中島橋(中島町5番地)を渡る時に外灯が1基あるが樹木におおわれて外灯も暗いので何とか足元を明るくしていただきたい」とのご要望をいただいておりました。早速夜に現場で樹木の繁茂状況と外灯の照度を目視確認。玉川上水へ隣接している入口でもあり、市の関係部署(水と緑と公園課)に相談。7月21日に外灯がLED外灯に交換されており周辺の樹木の剪定も完了していることを確認いたしました。中島都営在住の市民の皆さまより「以前より随分と明るくなり、立川市幸町の団地と中島都営団地を往復することの多い孫達のことを考えるととても安心で助かります」との喜びの声も頂きました。市の複数の課(水と緑と公園課、交通対策課)にまたがる案件でしたが、OLYMPUS DIGITAL CAMERA連携をとっていただいて素早くご対応頂いたことに感謝致します。(写真:中島町から見たLED外灯、樹木の剪定も完了し外灯が目視できます)

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp