8月17日(月)の午前10時過ぎ頃、中島町の知人宅に車で挨拶に行く途中、中島町公園(通称中島グラウンド)東側の松の木通りの交差点周辺が午前中から降った雨の影響で冠水状態となっていることを発見。車から降りて、周囲を確認すると道路に設置してある雨水マスが落ち葉で埋まって雨水が流れない状態であることが分かりました。さてどうしようかと考えていると、買い物帰りで通りかかったご婦人の方が「私濡れてもいいの」と言ってごみ置場に捨ててあった木の枝を使って冠水状態の中にはいり雨水ますをつついてくださいました。するとたまった雨水が音をたてて雨水ますに流れ込み交差点の冠水状態が一挙に解消されました。その機敏な行動に正直びっくり致しました。その後、私が引き継ぎ雨水マスに流れ込む恐れのある落ち葉を拾い全ての雨水が流れることを確認しその場を後に致しました。ご婦人の「私濡れてもいいの」の声が、知人宅訪問前で靴とズボンが濡れることを考え行動を躊躇した私の心に強く響きました。(写真:ご婦人の勇気ある捨て身の1枚ですOLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受付けていません。

Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp