menu
バックナンバー 2022年 3月
【公明党川崎市議団 市内行政視察】
午前中は中原区平間にあります玉川小学校へ『トイレの快適化事業』の進捗を伺いに視察させて頂きました。全てのトイレ工事が終わり、児童や教員の方々も快適に利用して頂いているようです。
午後からは川崎市立看護大学へ、佐々木さやか参議院議員と視察。今後の大学院開学に向けた課題等を伺いました。
+2件
120120
コメント4件
いいね!
コメントする
シェア
『神奈川県後期高齢者広連合議会 第1回定例会』
午後から、藤沢市『藤沢商工会館ミナパーク』で会議があり、川崎市議会を代表して、林としお議員(みらい)さいとう伸志議員(自民)と共に出席しました。
承認3件、議案8件を審議いたしました。後期高齢者の命と生活を守るために保険料の抑制、医療費負担の軽減など、さまざまなご意見、ご要望に応えるべくしっかり取り組んでまいります。
7474
コメント3件
シェア2件
いいね!
コメントする
シェア
宮前警察署による講話&花の台町内会役員会を開催!
午前10時から4月度の役員会を開催。冒頭、宮前警察署交通課の小山様、宮前平駅前交番の橋本様をお迎えして、詐欺被害の現状と対策、交通安全についてご講話を頂きました。
我が町内会も高齢化が進み役員の中でも詐欺に巻き込まれそうな方もいます。また、近隣では痛ましい死亡交通事故も発生しております。
貴重なお話を頂き、町内会として子どもから高齢者の皆さんの命と暮らしを守る取り組みを発信していきまたいと思います。
懸案事項であります、『花園橋』OKストアのところへの横断歩道と信号機の設置も強く要望させて頂きました!
108108
コメント3件
いいね!
コメントする
シェア
『川崎市立看護大学開学セレモニー』
午前10時から幸区にあります川崎市立看護大学で開学式が開催され出席しました。
待望の四年制化が実現し、4月から新入生が入学します。これまでのすべての関係者の皆様のご尽力に敬意と感謝を申し上げます。
坂元学長からは、これまでのあゆみと今後の決意ご述べられ、また、新一年生が新しいデザインのユニフォームを着用して挨拶してくれました!
全国から注目の四年制化に、川崎市地域医療の発展が期待できます!
+3件
9696
コメント2件
いいね!
コメントする
シェア
『タウンニュース 宮前区版』
ご一読いただけたら幸いです。
私のライフワーク障がい児•者支援が前に進むように、そして、政治の光が当たるようにしっかり取り組んでまいります。
‎1人以上、立っている人、‎、「‎小 比 市 市政報告 しんいちろう 10 宮前平小・中学校前PTA会長 田村しんいちろう 通 に 級 よ 指 道 教 明 至 へ の な 市 体 議 利 明 率 け 団 備 が 魅 や ط 力 り 児 が 村 歩 し 前 進 く 爆 束 い め、 を 活 宮前第5民児協と地区世話人会の皆様 博‎」というテキスト‎‎の画像のようです
141141
コメント5件
いいね!
コメントする
シェア
記念すべき『第1回パークゴルフ高津区長杯』を開催!
午前8時半から高津区宇奈根にありますパークゴルフ場で、鈴木哲朗高津区長をお迎えして約100名の選手団と共に晴天のもと開催させて頂きました!
鈴木区長の始球式でスタート!最高齢90歳のご婦人をはじめ選手の皆様が各ホールに向かいました!
高齢者の生きがいと健康づくりとして、毎日楽しめるスポーツ「パークゴルフ」を通じて健康寿命に貢献する事を目的としています。
私が顧問を務める『高津区パークゴルフ協会-川崎市パークゴルフ協会』が益々発展し、プレーヤーが増えるように選手の皆様と一緒に汗をかいて、パークゴルフの輪を広げていきたいと思います!
102102
コメント4件
いいね!
コメントする
シェア
日曜日は各地でご挨拶させて頂きました!
夕方4時から「宮崎台地域」でハイブリッド方式で、夜7時から「宮崎南地域」でZoom 方式で感染症対策を徹底した上で、ご挨拶の時間を頂きました。
8年後に迎える2030年問題について、高齢者が占める人口割合からみた医療費や介護費の上昇、また福祉サービスに携わって頂く従事者の人材不足、コロナ感染やウクライナ危機からの影響、脱炭素社会に向けて意見交換をさせて頂きました。
皆様からは元気と勇気をいただけるお話を頂き、また、明日から頑張ろうと言う気持ちになりました。
本日はお招きを頂き誠にありがとうございました‍♂️
123123
コメント6件
いいね!
コメントする
シェア
本日の公明新聞には川崎特集が掲載されました。
ご協賛頂きました企業の皆様に心より感謝申し上げます‍♂️
内容は、これまで一貫して取り組んできた「看護短大の四年制化』。『川崎市立看護大学』として、いよいよ4月に開学です❗️
テキストの画像のようです
9292
コメント4件
いいね!
コメントする
シェア
【宮崎台ふる里さくら祭り】小さな声をカタチに!
今年の『宮崎台ふる里さくら祭り』は4月3日に開催されます。
実行委員会事務局の皆様からご要望のご連絡をいただきました。
メイン会場の「宮崎第一公園」の入口には10cmの段差があり、子どもさんやご高齢の方が、躓いて転倒され怪我をされる事故が多発しているとのこと。
開催日まで時間ない事ことから、すぐさま宮前区道路公園センターと連携を図るなか、掘り起こしをして頂くなど段差対策を講じて頂き、要望から4日間でスピード対応をして頂きました!
実行委員会事務局の皆様からは、喜びの声を頂きました。大成功のさくら祭りとなり、宮前区民の皆様が安全安心に楽しめるよう、引き続き、応援してまいります。
お声をかけてくださり、ありがとうございました‍♂️
道路の画像のようです
128128
コメント7件
いいね!
コメントする
シェア
「東日本大震災11年」党声明
一人一人の中に防災・減災の砦を
 きょう東日本大震災から11年を迎えました。
犠牲になった方々と、ご遺族へ哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
 公明党は発災以来、被災者に寄り添い続ける地方議員と、岩手、宮城、福島の3県を担当する国会議員とのネットワークで、声なき声へ耳を傾け、連携しながら、人間の復興の実現をめざし復旧・復興に総力を挙げてきました。この11年間の取り組みを総括し、積み上げてきた知見と経験を生かして、創造的復興の加速に挑みます。
 東京電力福島第1原発の事故処理が続く中、福島の復興は新たな局面を迎えました。廃炉、処理水対策については、国が前面に立ち、世界的な技術を結集しながら、最終的解決まで、全責任を持って対策を講じていくよう働き掛けます。
 帰還困難区域の一部では、今春の避難指示解除へ向けた準備宿泊が始まりました。「生まれ育ったまちに戻りたい」と願い、故郷を離れざるを得なかった人々の気持ちに応えられるよう、除染の強化やインフラ整備を進めます。
 さらに、原発災害の試練を乗り越え、創造的復興を果たすため、現在、進められている再生可能エネルギーやロボット・ドローン、先進的な農林水産業、医療関連産業などを集積する「福島イノベーション・コースト構想」のさらなる具現化をめざします。その中核となる「福島国際研究教育機構」については、国内外の一流の人材を糾合し、世界最先端の研究機関とするとともに同構想の司令塔の機能を果たせるよう注力していきます。気候変動対策として「脱炭素社会」が世界の潮流となりました。同構想における研究開発と産業の集積、デジタル社会のモデル「スマートシティ会津若松」の取り組みは、新産業の創出へとつながり、わが国の“技術立国復活”へ寄与することは間違いありません。
 戦後の日本が奇跡の復興を果たしたように、福島の創造的復興をわが国の「21世紀の奇跡」へと結び付けてまいります。
 これまで福島の農家、漁業者は、血のにじむような努力で風評に立ち向かってきました。労苦に応え、未来へ向けて安定的に生産できるよう、県産食品に関する正確な情報発信や輸入規制を続ける国・地域に、撤廃を求め、理解促進に努めます。
 岩手、宮城の被災地ではハード面の復興が着実に進む一方で、人口減少や少子高齢化、産業の空洞化が加速し、新たな課題も生じています。とりわけ、「心の復興」を支える上で、コミュニティーの再生が欠かせません。
 公明党は「防災・減災、復興を政治、社会の主流に」と訴え、災害から国民の生命を守る国土の形成、地域防災の強化に力を注いできました。災害大国から、防災大国へ――。公明党は、3・11の経験と教訓を次世代に継承し、一人一人の心の中に「防災・減災の砦」が築かれるよう取り組んでまいります。
 2022年3月11日
 公明党
立っている、アウトドア、テキストの画像のようです
9090
コメント2件
いいね!
コメントする
シェア
公式Twitter
サイト管理者
田村 しんいちろう
tamura@komei-kawasaki.com