menu
バックナンバー 2020年 4月
川崎市ごみ収集担当職員の皆様に感謝の声!
新型コロナウイルス感染拡大の陰で、ごみ収集作業員の皆様がリスクと隣り合わせの仕事を続けています。
現場に感染が広がれば事業を維持できなくなり、自治体はクラスター(感染者集団)対策の対応に追われてしまいます。他都市では、既に事業所閉鎖に追い込まれた例もあるようです。
川崎市では、連日、ごみ収集担当の職員宛てに市民の皆様から感謝の声が各生活環境事業所に届いております。ある時は、ごみに直接貼り付けてあったり、ごみ袋に直に書かれていたりしていると伺いました。
市民の皆様の真心に対して、心から感謝申し上げます。
新型コロナと闘い、最前線で働く全てのエッセンシャルワーカーに感謝の拍手をお願いいたします。
そして差別と偏見の無い川崎市へ…
138138
コメント1件
シェア2件
いいね!
コメントする
シェア
stay home!日曜日、子どもたちが珍しく勉強しているので、オヤツに『大葉とチーズ梅肉入りささみ春巻き』を作りました!ささみの筋取りから茹で方に気をつけながら、大葉にチーズ、塩胡椒からの梅肉を入れて巻き上げました。あとはオリーブオイルたっぷりの中で焼き上げ出来上がり!茹で汁に生姜、塩胡椒に万能ネギ入れて『ささみ茹で汁スープ』の完成です。子どもたちからは「美味しい〜!」頂きました。午後からは一緒に勉強しような
230230
コメント16件
いいね!
コメントする
シェア
緊急要望第2弾!
午後2時から公明党川崎市議団で福田川崎市長に対し緊急要望を行い、私の方から要望内容の説明をさせて頂きました。緊急事態宣言後も市内における新たな新型コロナウイルスの感染者数が連日報告されており、国の専門家 会議でも医療体制が崩壊しかねない状況と指摘されています。特に、感染者の医療機関受け入れについては、さらなる感染者の増加という事態に備えた新たな対応が強く求められており、患者の感染経路の追跡作業などを行う各保健所の態勢も十分でない状況があります。また、市民への外出自粛要請に伴い、店舗や中小事業者からは、客足が途絶え、今後どうしたらいいかという切実な声が寄せられており、具体的な支援を行うことが強く求められていることから、以下要望いたしました。福田川崎市長からは、要望に沿ってしっかりと取り組んでいくと話がありました。
【医療体制の整備】
1 感染者の急増に伴う医療機関ベッド数の確保は、軽症者への対応がカギとなる。そこで軽症者は一度、感染症指定医療機関に入院させた上、医師の判断によって、現在宿泊客がほとんどないホテル等を活用して、軽症者の経過観察ができるよう県に強く求めること。
2 PCR検査について、地域の医療機関や民間の検査機関に外部委託するなど体制の 拡充を図るよう県に求めること。
【市職員・教職員への対応】
1 保健所部門、各区役所衛生部門等におけるコロナウイルス対策関連業務の増大にともない、オーバーワークになっている状況があり、市として人的支援も含めた適切な対応を図り速やかに実施すること。
2 BCPの発動を視野に入れ、教育現場等をはじめとする市職員のテレワークも含めた出勤体制の見直しを図り早期に実施すること。
【生活者への支援】
1 一人暮らしの高齢者や障害者にしっかりと支援が行き届くよう体制整備を図ること。
2 休業・自粛要請に伴い大きな打撃を受けている店舗や中小事業者等の厳しい状況を踏まえ、協力事業者に対し、具体的な支援を速やかに講じるよう県や国へ働きかけること。
3 広報紙の発行及び配布方法の変更に伴い、町内会・自治会へ財政支援などの配慮をすること。
9999
コメント2件
いいね!
コメントする
シェア
《お知らせ》花の台町内会は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い、5月6日まで活動を停止し、町内会館も閉鎖いたします。ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
花の台町内会会長 田村 伸一郎
写真の説明はありません。
7676
午後1時からPTA 会長を務める川崎市立宮前平中学校で入学式が挙行されます。新入生を迎えるためにPTA 運営役員の皆さんで準備を進めています!新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、規模の縮小、時間短縮などの対策を図りながらの対応ですが、思い出に残る式になるよう役員一同頑張ります!
168168
コメント13件
いいね!
コメントする
シェア
公式Twitter
サイト管理者
田村 しんいちろう
tamura@komei-kawasaki.com