Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

image本日午前中、埼玉県・鶴ヶ島市総合防災訓練に出席しました。年に一回、埼玉県と県内自治体が主催し、取り組む訓練です。暑い中、大変に多くの方々が参加されていました。今回の訓練の目的として

1) 防災訓練を通じて、防災関係機関の連携を強化するとともに、防災関係機関相互の協力の円滑化を図る。

(2) 住民一人ひとりが日常及び大震災発生時において「自らが何をすべきか」を考え、また、自治会等の地域活動を通じ、地域における減災対策を講じる契機となるよう、自助・共助の意識高揚と知識の向上を図る。

(3) 防災対策上の様々な課題を踏まえ、埼玉県、鶴ヶ島市の相互連携の充実や災害対応能力の向上を図る。

以上3点になります。

image

今回訓練の被害想定は、次の通りです。深谷断層帯・綾瀬川断層を震源とするM8.0の地震が発生し、県中部を中心に甚大な被害が発生している。鶴ヶ島市内でも最大震度6強の揺れを観測した。

中央会場である鶴ヶ島市役所では、31の訓練が行われました。ドローンによる情報収集・映像伝達訓練やミキサー車による消火用水の確保訓練など新しい発想のものが取り入れられています。

image発災からの初期段階では、行政による対応に限界があります。その事を踏まえ、地域住民や民間事業者など共助の動きを強調した訓練でした。

自然災害が無くなることはありません。しかし我々が日々の努力な訓練により被害を少なくすることはできます。さらなる防災対策に力を尽くして参ります。

image

 

コメントは受付けていません。