Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

 21日に参議院選挙の投票が行われました。公明党は、埼玉、東京、神奈川、大阪の4つの選挙区で完勝し、比例区で7議席、合計で11議席を獲得しました。埼玉選挙区においては、新人の矢倉かつお氏が初当選を果たし、599,755票を獲得しました。比例区では、総得票数で7568,080票となり自民党に次いで第2位となりました。一方、野党側は民主党が大幅に議席を減らし、参院第1党から転落しました。自民、公明両党は、非改選議席を含めて参院の過半数を確保し、衆参の「ねじれ」が解消しました。

 

 昨年の衆議院選挙により、公明党が政権与党に復帰し、半年が過ぎました。今回の選挙で、国民の信任を得たことになります。連立政権は、政策実行力を強化し、経済再生や被災地復興などの政治課題にあたります。

  

コメントは受付けていません。