加藤たかし
投稿日
2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者

Archive for 2022年 6月

明治用水頭首工漏水現場

明治用水 頭首工漏水の件。工業用水供給が通常の50%→75%へ、農業用水供給が1日通水3日断水→ 3日通水3日断水へと緩和されました。現場確認❗️162台のポンプに加え矢板で区切ることで溜めることが出来た水量による自然給水が可能になりました。あっという間の梅雨明けで今後多くの雨量が期待できない中、まず農工業用水供給が滞りないレベルに早急に戻ることを願います。

3CDFA58F-1056-4800-89FB-BFBB212C150F

小児・AYA世代のがん患者への支援策

がん治療を続けてると妊娠する、させる力( #妊よう性  )が低下したり失われたりする恐れがあります。将来、子供を産み育てたい
治療前に精子や卵子などの採取、凍結を行う #妊よう性温存治療 費助成制度が昨年度から愛知県で始まってます。今年からはそこに、その治療で凍結していた検体を用いて妊娠を試みる治療へ対する助成制度が始まりました。これら妊よう性温存治療支援策は一昨年度、自身が取り上げた議会一般質問がキッカケとなり始まった制度です。その後、がん患者への支援策(#ウィッグ 購入助成など)も始まっています。新たな政策実現をする初めの一歩は大変でしたが、0→1にすると後の様々な政策に繋がるキッカケになるということを実感した取り組みだなあ、と感じました。

(写真:中日新聞621日付 朝刊)

8B02142E-243D-4E8B-A731-92CB28D73F54

6月補正予算にて追加支援策

6月定例議会が開会し、6月補正予算が上程されました。補正予算には物価高、燃料高騰への対策実施要望を知事に対し59日に提出した内容が多く反映されています。

運輸業、農林水産業など原油価格高騰の影響受けている業種への補助金交付などの支援策。食料品価格高騰により影響受けている県立学校、公立小中学校の給食費について保護者負担の抑制対策、生活困窮者への支援策など。例えば社会福祉施設燃油価格高騰対策支援金として県内の社会福祉施設でサービス提供の為に使用する車両の燃料費への支援が実施されます。物価高騰への対策進みます。

58175106-C43B-4855-B06D-014414943E0D

学びたい❗️に応えれて良かったです。

ガン治療で通学困難な生徒がタブレットを使った遠隔授業を経験した卒業生と現役生と意見交換しました。機材は 遠隔操作ができる#Kubi を使用。単位取得を逃す事なく、友達とも繋がれるので大変助かるというメリットがある一方、通信環境の整備が目下最大の難点という事を確認。他の改善点が幾つも確認できました。一般質問要望、公明党県議団要望が実現した形です。とにかく当事者に喜んで頂いたことが何よりです。5C370D45-68EA-4A58-A9BE-8453CFC4F751

【追加】ヤングケアラー支援策

今年度から始まった愛知県のヤングケアラー支援。支援強化の為、更に充実した内容が加わる形で6月補正予算に上程されます。一昨年度、昨年度と議会で要望した内容が具現化。嬉しい限りデス。詳細は後日お伝えします。#ヤングケアラー17BB60D2-755B-4283-B965-1E7A51AB3146

医療的ケア児支援

医療的ケア児を育てるお母さんと懇談する機会がありました。

「子どもの人生も大事だけど、自身の人生の充実も大事。そのためにも働き始めることができたのは大きいことでした」というコメントが印象的でした。お母さんは非常にアクティブ、医療的ケア児を取り巻く環境は厳しいものがありますが、前例を覆し様々な働きかけを行い、周りにポジティブな影響を与えているなあ、と感じました。まさに、豊田市において医療的ケア児をめぐる環境について先駆者的な活動をされてきたご家族です。

医療的ケア児支援をめぐる法案が施行され、愛知県も今年度から県内7ヶ所で支援センターが開設され、支援環境はまだまだ改善の余地がありますが一歩目のスタートを切ることができました。何が足りないか、どこに課題があるかは当事者でないとわからないところたくさんあります。そういう観点で県として何に今後取り組まなくてはいけないのかを現場の声として聞けたのは非常に大きいことでした。懇談は重症心身障害者の子ども達を支援する地元の施設で行い、支援スタッフの方からの意見も多々あり、これまた有意義な意見交換となりました。現場で何が起きているか、これを知ることが基本だと改めて感じました。BBCCC515-C92A-4AE2-B291-20F3DB893B0B