加藤たかし
投稿日
2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログバックナンバー
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者

妊よう性温存治療支援を!

2471AE58-0052-46B8-8317-6FE7B54B7734AYA世代(15-39歳)のがん患者支援で「妊よう性温存治療」に関し議会一般質問でとりあげました。妊よう性=妊娠のしやすさ。しかし、がん治療後は卵子、精子の機能低下で妊娠の可能性が低下する可能性が大きく、治療前に卵子や精子を採取凍結保存し、術後、妊娠を試みるという手段です。治療を受けるには様々課題がありますが、中でも大きな課題の一つはその治療費の高さ(方法によるが、~70万円。特に女性は金銭的、精神的負担が非常に大きい!)。保険適用不可で全額自己負担のため治療断念している方も多く、そこを支援していく重要性を訴えました。環境改善・整備に向け県も取り組み開始を約束してくれました。実は、中部圏で唯一愛知県は治療助成制度がないので、今後も実現へ向けて粘り強く訴えていきます!

コメントは受付けていません。