7月26日に、公明党春日井市議団5名は、一般参加者と大手小学校グラウンドの調整池工事を見学しました。工事深さは10m近くあり、コンクリートでできた擁壁が6.8mもあり、流水入量は11000m3で小学校プール30杯分を溜めることができます。これで大手町の浸水被害の軽減がはかられます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
春日井市 佐々木圭祐
ssk.1018@softbank.ne.jp