公明党市議団の石原、後藤、田中、佐々木、田口と市川県会の6名で、19号バイパスのリビン横で憲法記念日にあたる3日に街頭遊説をおこないました。

公明党は、平和・人権・民主の憲法精神を更に定着させる闘いに、全力を尽くすことを述べ、東日本大震災へのお見舞いと復興に向けての公明党としての国民の命を守り、暮らしを支え合う、「支え合う日本」を構築すべきと考えを述べました。

5月3日憲法記念日の街頭

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
春日井市 佐々木圭祐
ssk.1018@softbank.ne.jp